政治

橋下徹への「懲戒請求書」怨念全容(3)反転攻勢は不発?

 司法記者が言う。

「懲戒請求をしたグループでは、橋下氏の訪米中止に伴うキャンセル料の公費支出を追及し、最終的には市長のリコール請求まで行うといきまいています」

 しかし、橋下氏も負けてはいない。記者団を前にこう反論したのだ。

「政治的見解にまで懲戒請求するのは請求権の乱用で、政治活動への重大な挑戦だ」

 外国人特派員協会での会見では終始、建て前論に徹した橋下氏とは大違いだ。勝手知ったるフィールドでのケンカには血がたぎるのか。

 さらには、橋下氏への援軍なのか、懲戒請求をした辻氏を、懲戒請求する者まで現れたという。過去に“橋下シンパ”の男性に脅迫を受けたこともある前出・樺島氏はひるむ様子もない。

「橋下氏の言動を見ていると、弱者や虐げられた人に対して腹を立てているように思えるのです。彼自身が恵まれない環境からはい上がってきただけに、そういう人々がはい上がる努力をしないことに怒っているのか、それとも彼自身が再び恵まれない環境に引き戻されるという感覚に陥っているのかがわかりませんが‥‥」

 元「親弁」として、自分の手でケジメをつける覚悟なのだ。はたして、この懲戒請求はいかなる結末となるのか。

 一方、この一件を機に橋下氏はガムシャラな反転攻勢に打って出たのだ。アントニオ猪木(70)が、日本維新の会から参院選に出馬表明。さらには、米軍のオスプレイの飛行訓練の一部を大阪・八尾空港で受け入れる用意があることを明かしたのだ。ジャーナリストの鈴木哲夫氏はこう話す。

「地に落ちた支持率回復のために、人気者を選挙に担ぎ出し、八尾市の許可を得ないまま、実現の可能性すら未知数のプランを発表した‥‥。そのつもりはなくても、国民には“茶番”と映っているのではないでしょうか。本当に支持を取り戻したいなら、原点回帰しかないでしょう。維新人気の原因は、永田町的な手法を繰り出さないところにあったのに、歴史認識の統一見解は出さないなどと言いだした。かつての橋下氏なら『オープンな場で議論し、改めるべきは改める』と言ったはずです」

 苦し紛れのパンチなど、眠っていてもよけられる。橋下氏もいよいよピンチなのかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石原さとみ、「前かがみバスト見せ動画」が“1日で100万再生”の大反響!
2
唐橋ユミ、「大きくない」発言を覆すクッキリ衣装で“Dバスト”の根拠映像
3
ついに薄幸が加入!テレ東温泉旅番組に期待高まる「G・G・Hバスト揃い踏み」
4
明石家さんまがグチりまくり!「五輪開会式」出演芸能人から遠ざけられる“ワケ”
5
フジ井上清華、”Dバスト突き出しサービス”に視聴者が歓喜した!名誉挽回の光明