芸能

由美かおるの後継者に!?松たか子、映画界を席巻する熟女優の「野望」大研究

 1月25日~26日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)。ベスト10中、2作品も松たか子(42)の出演作がランクインしている。現在、各地の映画館は松たか子祭りなのだ。

 ランクインしたのは「アナと雪の女王2」(ディズニー)と「ラストレター」(東宝)である。「アナ雪2」では、前作に引き続き、松は日本語吹き替え版のエルサの声と主題歌を担当。一方、「ラストレター」は、手紙の行き違いから2世代の恋愛と心の再生を描く物語で、「岩井俊二監督最新作」と銘打たれたように、エンタメ作というよりは作家性の強い映画なのだが‥‥。

「松がモロ肌を見せるシーンがあるんです。岩井監督が描く独特な美しい世界観を期待した観客にとっては意外さもあいまって、そのボディが目に焼き付いています」(映画ライター)

 その忘れえぬワンシーンとはお風呂シーンだ。

 ストーリー上も、スマホを水没させてしまうという重要な場面なのだが、

「スクリーンいっぱいに、松のズブ濡れのボディが映し出されるんです。伸ばした右腕から脇の下、そしてバストトップのギリギリまで迫るアングルで完熟した女性の柔肌が拝めます。10数秒のお風呂シーンですが、Dカップともいわれる全貌は見えないものの、シルエットから豊かなバストであることはわかります」(前出・ライター)

 女優として長いキャリアを誇る松。もちろん、お風呂シーンを演じたのは初めてではない。ベテラン芸能ジャーナリストの沖直人氏はこう話す。

「独身時代の20代、人妻になった30代、そして母親となった40代になっても挑んでくれた。各世代でお風呂シーンを観てきた者としては『ラストレター』は、まさに感涙モノでした」

 さらに沖氏は松について、すべてを見せないのに艶っぽさを体現できる希少な女優であると指摘したうえで、いっそ全部脱ぐよりも「お風呂シーンを極めてほしいですね」と言う。

「次回作は幕末から戊辰戦争にかけての時代劇。板の隙間から湯気が漏れ、その奥にある杉風呂で日本髪を結ったうなじに手拭いをあてる…。そういうシーンを演じられるのは、日本で由美かおる(69)以降は、松たか子しかいないのではないでしょうか」(前出・沖氏)

 由美といえば、ドラマ「水戸黄門」(TBS系)でのお風呂シーンは有名。実に200回も演じたことで、「同一ドラマシリーズにおける1人の俳優のお風呂シーン放映回数」でギネス世界記録に認定されている。

 はたして、この記録を松は抜いて、由美の後継者になることができるのか。

 そんな松の女優として野望、さらには私生活の野望までを、1月28日発売の週刊アサヒ芸能2月6日号が詳報している。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス