芸能

みのもんた「ケンミンSHOW」降板で広がる“番組終了が妥当”の声

 みのもんたが司会を務めるバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」(日本テレビ系)を今春降板することが1月23日、分かった。

 みのは07年10月の同番組スタート以来、12年半もの間、番組進行を務めてきたが、4月からの番組リニューアルに伴い、退くことになったとのこと。

 制作する読売テレビでは「ご本人のご意向もあり、後進に道を譲られ、ご勇退されることになりました」と、みの本人の意向での降板としており、最終出演回は未定で、後任司会は爆笑問題の田中裕二が務めることが決まっている。

 この、みのの降板に世間からは「年齢も年齢だし仕方がない」「最近は覇気も感じられなかったし妥当」「最近は久本一人で回してたようなもの」など、致し方ないとする声が目立っている。

 しかし、一部番組ファンからは「存在感もあるし、喋らなくてもいいから出して欲しかった」「番組の象徴だからみのは出演しているだけで意味があるでしょ」「置き物なのは知ってるけど、いなくなるのは寂しい」など、降板を惜しむ声も見受けられた。

「最近のみのは発言することも少なく、もっぱら進行業務はもう1人の久本雅美任せ。揚げ句、収録中にも関わらず寝てしまい、久本に起こされるようなこともあったそうですから、田中にスイッチされることで久本の負担は軽減されるのは間違いないでしょう。ただ、みのの名ゼリフ『エブリケンミン! カミングアウト!』がもう聞けなくなるというのはファンにとっては寂しいところ。リニューアル後は『秘密のケンミンSHOW 極(きわみ)』と題し、番組は続いていくわけですが、みのがいないのならば、そもそも番組自体も終わらせるべきという声も上がってくるほどです」(エンタメ誌ライター)

 この降板により、テレビレギュラーはゼロになったみの。現在の働きぶりを考えれば、新たに起用しようという番組はなかなか見つからないだろうが、新天地が決まった時にはマイペースに頑張ってほしいところだ。(本多ヒロシ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋