芸能

向井理に「違和感」、仲間由紀恵は「棒演技」…「10の秘密」が“酷評祭”状態

 1月スタートの向井理主演ドラマ「10の秘密」(フジテレビ系)が苦戦している。関東地区では初回視聴率は8.9%。しかし第2話が7.9%第3話では6.7%に。同ドラマは関西テレビ制作だが、関西地区では初回から11.8%、10.1%、7.9%と下落ぶりが顕著だ。内容としては、昨年ヒットした連ドラ「あなたの番です」(日本テレビ系)のようなサスペンスで、番組終了後に視聴者に伏線の解釈や推理をなどの「考察」を盛り上がらせようとする作りであり、前評判も決して悪くなかった。が、回を重ねるごとに、視聴者のネット上での不評ぶりが高まってきているようだ。

 芸能ライターが言う。

「『10の秘密』の見どころは、主演の向井理演じるシングルファザーの白河圭太を始めとしたキャスト陣の各々が秘密を抱えており、それがどう明かされていくか、ということ。視聴者も先の読めないスリリングさと今後の展開を推理しながら観ることを期待していたはず。しかし、毎話でだれのどの秘密が暴かれたのか?という根本的な部分からして非常にわかりにくいようです。ネットでは、白川の娘が“過去に起きた火事の原因だったかもしれない”という秘密について、そもそも隠し通せているのが不自然だという意見が目立ちましたね」

 また、白河に扮する向井が、の“中学生の娘がいる父親”役という設定も無理がある、とも。昨年の「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)などで見せたような独身・元彼役がお似合いだという声も多かった。

「白河(向井)の元妻・仙台由貴子を演じる仲間由紀恵については、昨年、産後初出演したことで話題になった『偽装不倫』(日テレ系)では《太った!劣化した!》なる残念な声が聞かれたものの、今回は《痩せてキレイになってる。さすが!》なる声もありました。しかし、《いつでも表情や声のトーンが変わらない》なる相変わらずの“棒演技”ぶりに批判が出ています。もちろんそういうタイプの女性だという演出かもしれませんが…」(前出・芸能ライター)

 ドラマも中盤戦に入るが、「あな番」も序盤は酷評続きだったが、どんどん巻き返し、最終的に大いに盛り上がった。そのケースに続くような今後の展開に期待したい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
5
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった