芸能

向井理に「違和感」、仲間由紀恵は「棒演技」…「10の秘密」が“酷評祭”状態

 1月スタートの向井理主演ドラマ「10の秘密」(フジテレビ系)が苦戦している。関東地区では初回視聴率は8.9%。しかし第2話が7.9%第3話では6.7%に。同ドラマは関西テレビ制作だが、関西地区では初回から11.8%、10.1%、7.9%と下落ぶりが顕著だ。内容としては、昨年ヒットした連ドラ「あなたの番です」(日本テレビ系)のようなサスペンスで、番組終了後に視聴者に伏線の解釈や推理をなどの「考察」を盛り上がらせようとする作りであり、前評判も決して悪くなかった。が、回を重ねるごとに、視聴者のネット上での不評ぶりが高まってきているようだ。

 芸能ライターが言う。

「『10の秘密』の見どころは、主演の向井理演じるシングルファザーの白河圭太を始めとしたキャスト陣の各々が秘密を抱えており、それがどう明かされていくか、ということ。視聴者も先の読めないスリリングさと今後の展開を推理しながら観ることを期待していたはず。しかし、毎話でだれのどの秘密が暴かれたのか?という根本的な部分からして非常にわかりにくいようです。ネットでは、白川の娘が“過去に起きた火事の原因だったかもしれない”という秘密について、そもそも隠し通せているのが不自然だという意見が目立ちましたね」

 また、白河に扮する向井が、の“中学生の娘がいる父親”役という設定も無理がある、とも。昨年の「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)などで見せたような独身・元彼役がお似合いだという声も多かった。

「白河(向井)の元妻・仙台由貴子を演じる仲間由紀恵については、昨年、産後初出演したことで話題になった『偽装不倫』(日テレ系)では《太った!劣化した!》なる残念な声が聞かれたものの、今回は《痩せてキレイになってる。さすが!》なる声もありました。しかし、《いつでも表情や声のトーンが変わらない》なる相変わらずの“棒演技”ぶりに批判が出ています。もちろんそういうタイプの女性だという演出かもしれませんが…」(前出・芸能ライター)

 ドラマも中盤戦に入るが、「あな番」も序盤は酷評続きだったが、どんどん巻き返し、最終的に大いに盛り上がった。そのケースに続くような今後の展開に期待したい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずに橋本環奈に及ばぬ「弱点」が?若手女優のバチバチ相関図を一挙公開!
2
“幻の”ローカル路線バス乗り継ぎの旅を再放送!太川陽介が音を上げた理由は!?
3
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
4
中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」
5
福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!