芸能

テレビ美女「ボディメンテナンス」2大ブームを騒然目撃(4)美の追求にこだわる指原莉乃

 この「育乳」はグラドルの間では、隠れキーワードとして、つとに有名だった。

「かつては胸が大きくなければ、グラドルはブレイクしない時代が長く続いた。そこで、水着の胸下部分にワイヤーやパッドを入れた『厚盛り』という技術が流行。しかもバストアップの矯正効果があるとして、これが育乳の元祖と言われている。現在もスレンダーながらグラビア誌の表紙も飾るKなんかは『厚盛り』の恩恵で人気上昇中ですよ」(グラビアカメラマン)

 究極の「育乳」は豊胸手術だが、今や芸能界でも少数派。むしろ、タレント同士で口コミ情報を共有し、さまざまな施術を試して成功例がドンドン広がっていくという熾烈な「育乳バトル」が繰り広げられるまでに。

「一口に育乳といっても、夜ブラを着用する簡単なものから血流やリンパの流れを促すおっぱい体操、牛などの胎盤エキスを注入するプラセンタ注射、各種マッサージなど、さまざまな種類があります」(ファッション誌記者)

 それほどバストアップは死活問題になっていた。

「かつて貧乳アイドルとして知られる平山あや(36)が『キャベツを1日一玉食べてたら、胸が大きくなりました』と涙ぐましい発言をしていたことが懐かしい。上戸彩(34)も『納豆1日3パック食べてます』と宣言していたのもアイドル育乳の黎明期だったのでしょう」(織田氏)

 しかも令和に突入して、「剃毛」と「育乳」が融合した「ハイブリッド型」が主流の時代を迎えつつあるのだ。

「田中みな実に次いで、美の追求にとことんこだわっているのが指原莉乃。VIO脱毛に次いで、この育乳分野にも乗り出しています。以前はペタ胸のコンプレックスがあり、写真集はお尻を持ち味にしていましたが、すでに美乳整体師のもとへ通い豊乳化に挑んでいます。もちろん忙しい合間を縫い、週3のジム通いも欠かさない努力家です」(芸能デスク)

 さらには、このハイブリッドを私生活で試しているというこんな話も‥‥。

「下の剃毛だけに飽き足らない鈴木奈々もこの夜ブラ効果でAカップだった微乳がなんとDカップまで発達し、夫も喜んでいるとうれしい報告をしていました」(ファッション誌記者)

 年齢を問わず、芸能界のスタンダードは今やパイパン巨乳の時代に突入したようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
2
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
3
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?
4
白石麻衣 ケーキ実食「放送事故」で見せた「裏の顔」
5
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況