芸能

磯山さやか、デビュー20年でぷにぷにFバスト人気が再上昇する興味深い理由!

 今、「ポスト壇蜜&橋本マナミ」として、その名前が急浮上しているのは、今年デビュー20年になるグラドルでタレントの磯山さやか、その人だ。

「志村けんに気に入られて、番組に舞台にと必ずお声がかかるバラエティ対応能力の高さは知られていましたが、昨年は『4分間のマリーゴールド』(TBS系)を含む4本ものドラマにも出演と大忙し。それでも年に数回はグラビアで、ぷにぷにのFカップバストの深い渓谷を見せてくれる。オジサン世代の人気を維持したうえに、最近は広い世代にその素晴らしさが伝わってきたようですね」(芸能記者)

 それにしても、「ポスト壇蜜&橋本マナミ」と言われるのは、ちょっと違うんじゃないだろうか? 彼女と長く担当したという、ある出版関係者はこう話す。

「壇蜜&橋本は、男の望む艶を文字通り体現してきた2人。そのキャラクターは作られた部分ももちろんあるでしょうけど、多くは本人のパーソナリティによるもので、非常にセルフプロデュース能力に優れていました。しかし、磯山さんは、自分から何かを提案するとか発信するというところはまったくない。実はヤル気もそんなにないんです(笑)」

 つまり、常に受け身で、断れないまま何でもやっていたら、今のようになったというタイプだというが…。

「ただ、高校野球のマネージャー経験を買われて、ヤクルトの中継を担当した時は、毎日が胃の痛くなる日々だったようですが、これを投げ出さずにやりきったことが、彼女の大きな自信になっている。何を振られても、恥ずかしがりながらでもこなせるのは、そうした経緯が大きいのですが、さすがに壇蜜や橋本のような直球のいやらしさには“ノー”と言うでしょうね」(前出・出版関係者)

 独自路線で行く36歳に、今後も大いに期待したい。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
3
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
4
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
5
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”