芸能

蒼井優、「好きな人ができるとズボンをはく」理由に同性からの好感度急上昇

 魔性の女、恋多き女と呼ばれていた蒼井優が、意外なクセを自己分析して話題になっている。

 昨年6月にお笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太と電撃結婚した蒼井だが、1月29日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演し、なんと好きな人ができるとそれまではいていたスカートを着用せず、ズボンばかりはくようになると明かしたのだ。

 山里を好きだと意識した時も「ズボンをはくようになりましたね」という蒼井は、自分のこの癖を「好きな人には女性としてではなく、人間として見てほしくなるから」と自己分析。ネット上には「元魔性の女が、好きな人ができるとズボンをはくようになるとは意外」「逆にスカートをはくようになる女子のほうが多そうなのに」「この少数派的行動が魔性の女と原因だったのかも」などと、蒼井の独特な行動を意外がる声とともに「女として見られる前に人として見てほしいって気持ち、よくわかる」「蒼井優、意外と友達になったらいいヤツかも」といった好感を示す声が相次いでいるのだ。

「山里と結婚したことで男性からの株は爆上がりした蒼井ですが、女性の中には『あざとい』『優等生ぶってる』といった批判染みた声もありましたから、これで女性からの好感度も上がるのでは」(女性誌記者)

 しかし、一方で同番組では「家事は妻100%、旦那0%と捉えていたほうが楽ですね」と持論を展開し、新たに同性の敵を作ってしまったかもしれない蒼井。この、誰かの思い通りにはならないあたりが、彼女の魅力なのかもしれないが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?