女子アナ

永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”

 フジテレビ・永島優美アナの「めざましテレビ」(フジテレビ系)での爆裂バストぶりが注目を集めている。

「2月12日放送の『めざまし』でも茶のピッタリめのニット姿で、胸のボリューム感が丸わかり。その大きさに、《けしからんバスト》《おかげで目が覚めた》《色々妄想した》など、朝からネット上がザワついたほどです。また、ニットの首回りが浅めのデザインだったことから、露わになった鎖骨に興奮する視聴者も多かったようですね」(女子アナウオッチャー)

 ただし永島アナの場合、もともとピタピタのニット率が非常に高く、女子アナファンの間では“バスト見せの常習者”として有名だ。

「14年にフジに入社した当時は、父親である元サッカー日本代表で解説者の昭浩氏があまりに有名であることと、永島アナの顔がそっくりであることから、“昭浩氏の娘”というイメージがつきまとっていましたが、16年4月に『めざまし』のメインキャスターに抜擢されて以降、次第にその印象は払拭され、エキゾチックな美貌に磨きがかかるとともに、そのメリハリの利いたボディにも注目が集まるようになったんです」(前出・女子アナウオッチャー)

 そんな彼女は15年、関西学院大学時代の同級生との交際が報じられ、17年には1歳上のフジ局員との熱愛が伝えられている。

「その局員とは、永島が『めざまし』のメインに決定した際に指導を受けたことをきっかけに急接近し、今もその関係は続いていると言われます。今は、仕事にプライベートにと、28歳にして最も充実している時期なのでは。そんな満たされ具合が、あのバストの張りにも表れているのでしょう」(週刊誌記者)

 確かに朝からいろいろと妄想してしまう!?

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」