芸能

川口春奈「握り癖」暴露VS和地つかさ「混浴ポロ」!/妖艶「放送事故」大全(2)

 アクシデントの宝庫といえば、生放送か否かに関係なく「バラエティー番組」だろう。タブー発言や思わぬ「胸ポロ」に、世界の時間が止まった!

 芸能評論家の織田祐二氏が「聞き逃せなかった一瞬」を明かす。対象となったのは、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」でエリカ様の代役・帰蝶を務める注目の川口春奈(25)だ。

「14年10月7日の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、欠席裁判状態のまま性癖を暴露されたんです」

 この日は、千葉雄大と玉木宏が出演していた。ある若手女優の話になり、挨拶の際、「元気ィ?」とタマタマを握ってくるという特殊な性癖が披露された。

「最後まで女優名は明かされなかったけれど、千葉、玉木との共演経験者ということで特定されました。意外な事実が明らかになり、ある種の放送事故。役の帰蝶以上に貴重な話でした」(織田氏)

 抜群のプロポーションでドラマやCMに人気の筧美和子(25)は、トーク番組での天然発言が話題になっている。18年3月26日の「おぎやはぎの『ブス』テレビ」(AbemaTV)では、男女の営みをしている時の表情について巧みな質問にさらされた。

「反応が薄いって言われます。もっと感情を表に出してほしいって…」

 ボディはパーフェクトでも、どうやら“マグロ”であることを告白したようなものだ。ただ、筧美和子が相手なら、無反応でも何でもありがたいことに変わりはない。

 続いて有村架純の姉・有村藍里(29)が17年5月26日に「金曜☆ロンドンハーツ ロンハー水泳大会2017」(テレビ朝日系)に出演した時のこと。

「開脚姿で股の間を水面に突き出し、地上波なのにアソコの形状が丸わかりになってしまう、という事態でした」(織田氏)

 藍里はお約束のように「架純、こんなお姉ちゃんでごめんね」と繰り返すが、いよいよ絶縁の日も近い?

 さらに15年3月10日、グラドルの谷澤恵里香(29)は「さまぁ~ずのご自慢列島ジマング」(フジ系)で唐突な被害にあった。三村マサカズに何の脈絡もなく「やざパイ」と呼ばれる巨胸を突然、揉みしだかれる。

「同じ事務所の先輩とはいえ、ありえないハラスメントぶりに、三村のツイッターが大炎上してしまいました。世紀の放送事故と言っていいでしょう」(織田氏)

 Hカップの爆胸を誇る人気グラドルの和地つかさ(26)は、上島竜兵やバイきんぐ・小峠英二に「混浴どっきり」を仕掛ける場面に出演。16年1月2日放送の「有吉のドッキリ初笑い!芸能界煩悩CUP」(フジ系)で、検索ワードが急上昇する事件が起きた。以下、自身の激白で振り返っていただこう。

「上島さんや小峠さんと温泉ロケに行って、バスタオル一枚だけの私のバストを、誰が最もチラ見するかという仕掛けだったんです。実際はニップレスも水着のアンダーショーツも着けているんですが、スタッフの人が『彼女がインナーを忘れてきて』と、共演の方々にわざと伝えまして」

 そうなると、チラ見の回数が増えるのは必至だ。

「スタッフさんから『ちょっと上下できます?』の指示があり、巻いたタオルをギリギリまで上げ下げしたり、最後には『バスタオルが濡れて重くなったので取っていいですか?』と言って、放り投げたんですよ」(和地)

 視聴者にはバストトップが見えたんじゃないかとか騒がれたという。チラ見せがあまりにも巧妙だったためだが、おかげで一夜のうちにツイッターのフォロワーが1万人以上も増え、過去のDVDまでランクインしてしまった。雑誌やスポーツ紙にも「胸ポロしたあの子は誰?」と取り上げてもらったそうで、

「あの時期、引退しようかなと思っていたんですが、注目されたことで続ける決心がつきました」(和地)

 なんともウィンウィンな放送事故だった──。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
2
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え