芸能

クロちゃんも見抜けず!? 豆柴の大群・ナオの未成年飲酒報道にファン落胆

 過去の出来事でもイメージダウンは致し方なし!?

 女性アイドルグループ「豆柴の大群」のメンバー、ナオ・オブ・ナオの未成年飲酒報道を2月18日配信の「SmartFLASH」が報じた。

 同グループはバラエティ番組「水曜日のダウンタウン」(TBS系)内の企画「モンスターアイドル」から誕生し、昨年12月に発売されたデビューシングル「りスタート」はオリコン週間シングルランキングにおいて、初登場1位を獲得している話題のグループ。

 芸人のクロちゃんがアイドルをプロデュースするといった企画であったが、ナオはクロちゃんが特に気に入っていたメンバーであったが…。

「SmartFLASHには、ナオが当時19歳だった18年11月に行われたという男女の友人10人ほどとの酒宴の写真が掲載されており、テーブルには缶ビールや缶チューハイ、焼酎などのアルコール類が確認できます。また、参加者の1人によれば、ナオはこの日以外にも飲酒することはあったそうです。この報道についてはナオも完全に事実だと認めて、謝罪しています」(エンタメ誌ライター)

 12日放送の「水ダウ」では、所属事務所であるWACKがプロデュースした楽曲と、プロデューサーを解任となったクロちゃんがプロデュースを担当した楽曲の再生回数を競う対戦企画が発表されたばかり。

 グループにふたたび注目が集まっているタイミングでのナオの未成年飲酒スキャンダルに世間からは「続けて応援していくけど、タイミングが悪かったな」「未成年飲酒より男と雑魚寝の方が凹む」「カナの素行不良は見抜けたクロちゃんもナオは見抜けなかったか…」などと残念がる声が上がっている。

「報じられた酒宴では終電で帰る人もいたものの、ナオは友人男性らと朝まで雑魚寝していたというアイドルとしては致命的な事実も発覚。さらには企画内ではなんとかメンバーに選ばれようとクロちゃんのハグにも耐えていたナオですが、男友達にも別れ際にハグをしていたとも書かれており、イメージダウンは著しいです。企画を早々に脱落した候補生のカナが昨年11月にYouTubeに企画の裏側を暴露していく動画をアップ。可愛らしいルックスでファンも多かったカナですが、お酒を飲み、ひざを立てながらピザを食べ、ヤンキーのような言葉遣いで雑談していたことでファンを幻滅させたことがありました。そのため、ルックスが良いカナをあえて落選させたクロちゃんのアイドルを見る目は本物だと巷では絶賛されていましたが、クロちゃんもこの報道にはさぞかし驚いていることでしょう」(前出・エンタメ誌ライター)

 番組でナオの不祥事に触れていくのかも気になるところだ。

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
2
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
古代シュメール人に文明を与えた「幻獣オアンネス」は宇宙服を着た地球外生命体だったという考察
5
「ドジャースVSパドレス」韓国開幕戦で「山本由伸先発」が決まったのは巨額放映権料の特権