芸能

太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!

 蛭子能収が「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京)から引退し、人気のメイン企画を失ったテレビ東京。今は、「土曜スペシャル」と「日曜ビッグバラエティ」で「バス旅」に代わる企画を生み出そうと、次々と新たな旅番組をスタートさせている。だが、一部のファンからは、新企画よりもおなじみの旅番組の復活を望む声も出ているようだ。

 そのうちの1つが「電車&バスで行く!すごろくの旅」。これは鉄道とバスを使ったすごろく旅で、サイコロを振って出た目の数だけ駅またはバス停留所を進む。止まった所で2枚のカードを引き、そこに書かれた指示をクリアしては、また先に進むというルール。

 当初は男性チームと女性チームに分かれ、どちらが先にゴールできるか競っていたが、後に具志堅用高率いる具志堅チーム対ゲストチームになり、最新回ではよゐこの濱口チームと有野チームが競争している。運の要素が強い勝負で、出演者が運に振り回される様子がおもしろいと評判だった。19年3月の第13回を最後に放送されていない。

 2つ目は「トラック乗り継ぎ旅」。タレントがガチでトラックをヒッチハイクし、ゴールを目指すという内容。ヒッチハイクできるのはトラックだけで、しかも積荷がかぶってはいけないという決まりがあり、かなり厳しい旅になるのが常。

「ゴール、もしくはスタートが北海道の都市に設定されることが多く、しかも真冬にロケを行うのでトラックをヒッチハイクするのも一苦労。吹雪の中、街道沿いで何時間も乗せてくれるトラックを探すことがあり、ハードな内容が視聴者に受けています。また、タレントとトラック運転手が意気投合することがあり、旅のふれあいもある。ぜひ今年の冬も観たいものです。個人的には、魔娑斗とトラックの運転手がおたがいの学生時代を話す場面はグッときました」(テレビ誌ライター)

 こちらは19年の2月が最後の放送。そろそろ今年の放送が告知されてもいいころだ。

 最後が「街道歩きの旅」。タイトル通り甲州街道や中山道といった街道に沿って、ひたすら歩くという内容だ。複数のタレントが駅伝方式で踏破する。

「バス旅の蛭子さんは歩きがつらくて引退しましたが、こちらはひたすら歩きっぱなし(笑)。しかも、宿へと歩いていかないといけません。せっかく見つけたのに満室で泊まれず、次のホテルまで歩いたこともありました。ハードさはバス旅の比ではありません。それがこの旅の魅力です」(前出・テレビ誌ライター)

 同番組は18年3月が最後。そろそろ新たな回が観たいものだ。

「今回紹介した旅番組は、どれもタレントが流動的なんです。バス旅のように太川と蛭子で固定ということはない。つまりタレント力に頼らず、企画力で勝負しないといけないんです。ファンにはそこが評価されています」(前出・テレビ誌ライター)

 テレビ東京にはぜひとも検討してほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
5
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか