芸能

視聴者戦慄!「笑ってコラえて」、“謎の不気味音声”騒動の「一部始終」

 2月5日放送の「1億人の大質問!? 笑ってコラえて! 3時間SP」(日本テレビ系)の放送中、映像内容とはまったく関係の“音声”が入り、ネット上に〈放送事故?〉との声が相次いだ。

「問題のシーンがあったのは、『日本列島 結婚式の旅』という企画でのこと。女性の側が、大腸ガンを患い『あまり長生きできないかもしれません。なので生きた証じゃないけど、何かを残したい』と応募してきた、これから結婚するカップルに密着していたのですが、結婚式の披露宴で2人の馴れ初めを紹介する再現VTRが流れる中、突如として『死んじゃいな…死ん…死んじゃいな…』という男性の囁き声がはっきりと聞こえてきたんですよ」(テレビウオッチャー)

 これにネット上では、《え、今はっきり「死んじゃいな」って言ったよね?》《なにこれ怖っ! 怪奇現象!?》《これだけしっかり聞こえるってことは、スタッフの声か? だったら新郎新婦に失礼すぎるだろ》《これは明らかな放送事故。日テレやっちまったな》などの意見が殺到した。

「謎の声は多くの人が気づいたようにかなりはっきりと聞き取ることができたようです。しかし、再現VTRが流れた披露宴会場にいた人たちも、MCの所ジョージをはじめ、スタジオでVTRを観ていた出演者たちもまったく反応する様子がなかったので、編集の最終段階で入ったのかもしれません。編集ミスなのか、はたまたスタッフのいたずらなのかはわかりませんが、どちらにしても不謹慎極まりないですよね」(週刊誌記者)

 この騒動を受け、2月7日の「J-CASTニュース」は、日テレ側に取材すると、同局では、「『死んじゃいな』ではなく 新郎が新婦に『しんどいな』と声をかけているシーンです」と回答。同サイトでは、改めて音声を聞くと暗い画面の中に新郎が新婦を会場外に出す様子が小さく映っていたとのことで、そういった条件を考慮すれば、「しんどいな」とのセリフが出るのは自然だと、複数の要因が重なった結果のアクシデントと結論づけている。

 とはいえ、一時は「BPO案件だ」と糾弾する視聴者もいたと伝えられる今回の「怪奇現象騒動」。リアリティを出す演出も大事だが、多くの視聴者に影響力のある番組を作る側には、より慎重さが求められるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
2
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
3
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション
4
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
5
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」