女子アナ

桑子真帆、昼夜キャスター交代で「幸せが逃げていってる」号泣も昼飲み宣言!

 現在出演中の「ニュースウオッチ9」を降板し、3月30日から「おはよう日本」のキャスターに就任するNHK・桑子真帆アナ。和久田麻由子アナとの「昼夜キャスター交代」に注目が集まる彼女だが、酒席では「テレビでは見せない姿」をさらけ出していた。

 NHK関係者が語る。

「桑子アナといえば大酒飲みの多い中継スタッフから一目置かれるほどの酒豪なのですが、最近の酒席での彼女は『やけに涙もろくなった』と話題なんです」

 その背景にはライバル女子アナとの「女の格差」があった。NHK関係者が続ける。

「昼夜交代する和久田アナが昨年5月に商社マンと、『ニュース7』の上原光紀アナは今年2月に銀行マンと相次いで結婚。ライバルの女子アナが次々と幸せをつかんでいる中、桑子アナはみずからのプライベートを涙ながらに嘆いているんですよ」

 17年にフジテレビ・谷岡慎一アナと結婚したが、わずか1年で離婚している。

「昨年末に親しい同僚との小規模な忘年会があったのですが、そこで酔いが回った彼女は『私だけ幸せが逃げていってる』と泣いていたと聞きました。他にも『お祓いに行ったほうがいいのかな』『NHKには見る目のないオトコしかいない』などとボヤきながら熱燗をグイグイ飲んでいたそうです」(NHKスタッフ)

 だが、朝のニュースにコンバートするだけあって、酒豪生活を封印するかと思いきや、

「『おはよう日本』の放送時間は午前4時半から8時まで。今までのように夜の街に繰り出して飲めなくなってしまうんです。同僚からも『いつ飲むの?』と聞かれているほど。しかし、彼女は『昼から飲みます』と即答。渋谷放送局近くの『昼飲みできる店』のリストを彼女みずから作って飲み仲間の同僚と共有しているほどヤル気満々なんですよ」(NHKスタッフ)

 根強くフリー転身がささやかれる桑子アナだが、仕事面では「呑んべぇ気質」が役立つかもしれない。

「彼女が『無類の酒好き』であることがフリー転身時の仕事獲得につながるのは間違いありません」と指摘するのは、女子アナ評論家の春山マサハル氏だ。

「有働由美子はNHK在籍時から長年続いていた日テレ社員との『酒のつながり』が『news zero』キャスター就任の決め手になったと言われています。超売れっ子になった新井恵理那や川田裕美も『飲んで仕事を見つけるタイプ』。『飲める女子アナ』の代表格である桑子アナなら、昨今人気の飲み歩き番組でも大活躍できるはずです」

 昼酒が彼女に幸せを呼ぶことを祈りたい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
田村淳から有吉弘行にバトンタッチ!M-1芸人の壁ナメネタでナイス連携
4
太川陽介のバス対決旅最新回が早くも登場!Zチームと禁断の対決を望む声が!
5
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…