芸能

井森美幸・松下由樹が未婚のワケ/アラフィフ独女・一人寝ベッドの真実(終)

 まだいる独り身アラフィフ美女。

 気になるのは、ほとんどノースキャンダルのまま五十路に突入した森口博子と井森美幸の元祖バラドルの2人である。

「特に井森には、いまだに男性経験がないのではと囁かれるほど。また、実は過去には15年交際しながら、結婚がかなわなかった彼氏のことを、今も引きずっているという話もあります。先輩芸能人が何人も男性を紹介したといいますが、いずれも交際には至らなかったそうですね。森口は、女手一つで4姉妹を育て上げた母親への思いもあり、いつもなかなか結婚に踏み切れないようです」(芸能プロ関係者)

 2人のほかには、アラフィフ独身美女は、国生さゆりや檀れい、マルシア、吉本美代子、田中律子といったバツイチ勢がいるが、なんとも華やかな顔触れとなっている。

 では、結婚歴がない松下由樹などは、どうなっているのか?

「90年代には音楽プロデューサーの小林武史との熱愛が知られ、結婚間近とも報じられていましたが、交際5年目に、まさかの破局となってしまいます。小林は自身がプロデュースしていた『My Little Lover』のakkoとデキてしまい結婚。突然、別れを告げられた松下は“そうですか。わかりました”と、あっさりこれを受け入れたといいますが、以降、まったく男性の存在が見えません」(ワイドショー関係者)

 だが松下の迫力ボディは、ここへ来ていやらしさを増すばかり。五十路女性は“ござむしり”─その敏感さが完全に開花して、ござをかきむしるほどの強烈な快感が味わえる、といわれている。他の美女たちも同様だが、我々が知らないだけで、今夜も盛大に乱れているに違いないのだ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬