芸能

立川志らく、「離婚は1億%ない」発言で「不貞疑惑」妻を“守れた”ワケ

 落語家の立川志らくが自身がMCを務める情報番組「グッとラック!」(TBS系)で、週刊文春に報じられた妻の不貞騒動に言及したのは同誌発売日の3月5日のこと。18歳年下の妻と、面倒を見ていた弟子の“禁断の関係”が報じられ、“辛口司会者“に文春砲が炸裂した形だが、志らくはこの日の番組冒頭、

「実はプライベートのことでちょっとゴタゴタがございまして。某週刊誌に私の妻と元弟子の不貞関係ということが掲載されまして」

 と切り出し、「私は妻のことを信じております」とも宣言した。続けて、「まぁ、このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚も1億%ございません」「あとは私のかけがえのない妻を世間の目から守る。命がけで守る。それだけでございます」などとコメントしていた。

「自身が多忙を極める中、18歳差の妻が25歳の弟子と男女の仲になっていたとしたら、さすがに志らくもショックだったでしょうが、本人が“世間の目から妻を守る“と豪語したように、番組では妻を咎めることなく、夫婦の絆の存在を強調しています。そして、志らくの狙い通りかはさておき、注目された生放送での本人からの言及に関して、最もネットニュースの見出しを飾ったワードは『離婚は1億%ない』との文言。あえて大袈裟な表現を使うことによりうまく世間からの関心を逸らそうとしている印象でしたね。案の定、そうしたニュースのコメント欄には『仮面夫婦としてやっていくんでしょうね』『1億%って、もう%じゃないし強調し過ぎ』『よう信頼なんて言えるな』との声が相次ぎ、不貞をされた側の志らくに批判的な声が相次ぎました。実は、こうした状況こそ、ある意味志らくが最も望んでいた“妻を守る“ということなのかも、と思えましたね」(テレビ誌ライター)

 言葉の妙で大衆の心理を操るのは落語家にとって朝飯前ということか。あえて過剰な表現を用いて騒動に言及することで、妻へのバッシングを緩和させることが目的だったとしたら、まさに志らくの「作戦勝ち」だったと言えるのではないか。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「日本沈没」最終話を前に視聴者離れが起き始めた“3つの原因”
2
NHK林田理沙、突如のバスト強調にファン騒然!ついに出世街道スパート開始?
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
後藤真希、写真集オフショット動画に男性スタッフが「布面積が少ない」驚愕!
5
NHK桑子真帆、光沢ブラウスでユサユサ!「バスト強調」加速でフリー転身説が再浮上