エンタメ

【一杯酒場】東京・四ツ谷「スタンディングルーム鈴傳(すずでん)」

老舗酒屋の自家製「白菜漬け」と「肉じゃが」 レア酒燗機でつける燗酒と絶品ハーモニー

 夜、四谷あたりで酒を飲むことになったならば、午後5時オープンのこの店で、ちょっと一杯「ひとり0次会」をやらないと、損をした気分になる。そのくらい気軽に寄れて、それでいて、ここで酒を飲めること自体が貴重と思える名店だ。この店はもともと、嘉永3(1850)年創業の超老舗酒屋。戦後、官公庁が多く四谷に引っ越してきたことから、店で酒を飲みたいという需要が発生。それに応じ、昭和50年に店舗を建て替える際に作った専用のスペースが、この「スタンディングルーム」というわけだ。

 酒は常時約20種で、料理は約15品。角打ちから発祥した店とはいえ、きちんと手作りされた旬の料理が並ぶ。春を告げる菜の花の力強い風味。自家製の白菜漬けのどこか懐かしい酸味。よ~く味の染みこんだ肉じゃがの優しさ。どれもこれもしみじみと旨く、現在は製造されていないという年代物の酒燗機でつける燗酒とのハーモニーにとことん癒される。水曜日と金曜日は、週2回限定で飲むことができる名酒「十四代」の日。圧巻の旨味もお得に味わえるのはうれしい。

 各テーブルの周囲には鉄製のポールが配備されており、そこにちょっと腰をあずけると、あまりの居心地よさに帰りたくなくなり、ついもう一杯と飲みすぎてしまうのだった。

■スタンディングルーム鈴傳(すずでん)

住所:東京都新宿区四谷1-10 鈴伝ビル 電話:03-3351-1777 営業時間:17:00~21:00 定休日:土・日・祝

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
4
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
5
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白