芸能

転機は「三角水着」!?天木じゅん、胸が武器だと気づいた瞬間を熊田曜子に激白

 Iカップのバストサイズを誇る人気グラドル・天木じゅんが成長ホルモン開放で胸が成長した過去について言及した。

 タレント熊田曜子のYouTubeチャンネル「熊田曜子チャンネル」の3月9日に投稿された「初対面!天木じゅんちゃんに写真集見てもらいました」でのことだ。

 1月27日に発売された熊田の35冊目の最新写真集「情愛」を、鈴木奈々、中山エミリ、デーブ・スペクターなど親交のあるタレントに見てもらうといった企画が定期的に投稿されているが、今回はいわば同業者である天木じゅんの登場となった。

 天木は自慢のバストをこれでもかと見せつける胸元の大きく開いたワンピ─ス姿で登場した。こぼれんばかりの白いバストの渓谷に、〈うれしいけど出し過ぎでしょ〉と視聴者のコメント。さらに、「ポヨン、ポヨン」と右のヒジで横から胸を揺するようなサービス精神たっぷりの仕草を天木が見せると、「じゅんちゃんの全てが艶っぽい」と視聴者のメロメロっぷりがうかがえたのである。

 熊田の写真集に「きれい、なんでこんなにきれいなんだろう」を連発する天木。照れ隠しにデビューした年を熊田が訊ねると、芸能界デビューは17歳だが、グラビアデビューは18歳だという。「もともと胸が大きいのがコンプレックスだったんですけど」と、グラビアには乗り気ではなかったようだが、こんなふうに会話は続く。

天木「いざグラビアの撮影をやってみた時に、初めて三角水着を着たんです。ワイヤーで寄せる水着しかつけたことがなかったんですけど、三角水着をつけた瞬間に(みずからの胸を)『デカっ!』て思って。そこからはこんな見せ方ができるんだったら、グラビアやりたいって思って」

熊田「武器だって気づいたんだね」

天木「そこから女性モルモンを開放して、どんどん胸が成長したんですよ」

 とIカップの成長に三角水着が大きく貢献したという過去を語った。

 番組終盤には天木の「私もそろそろ写真集3冊目を出したい」の言葉を受けて熊田が、「私、プロデュース業もやりたいと思ってて。夢があって、私がプロデュースして、グラビアアイドルの子を撮影したいって」これに天木は「ぜひ、やりたいです」と即答だった。

 新旧グラビアクイーンのコラボ企画は実現するのだろうか?おたがい、惜しみなくみずからの武器を存分にさらけだしてもらいたいものだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し