社会

新型コロナ、「封鎖2カ月」武漢市街「報じられない遺体放置動画」の戦慄中身!

 3月22日現在で、日本国内の感染者が1800人を超えた新型コロナウイルス。その「パンデミックの起点」とされる、中国・湖北省武漢市の様子を伝える「極秘動画」が漏洩・拡散していたことをご存知の方は少ないだろう。この動画、あれほど関連ニュースが流れ続けているにもかかわらず、一切報じられていない。そこに映っていたのは、想像を絶する深刻な現実だった。動画を本誌に提供したジャーナリストが解説する。

「動画は縦長の映像で、わずか30秒足らず。武漢の街を車かオートバイで走行しながら、携帯電話で撮影したものと思われます」

 確かに映っているのは道路側から撮った、歩道と商店街らしき街並み。しかし再生後すぐ、その店の軒先に「見慣れない物体」がいくつか並んでいることに気づかされるのだ。

「カメラが近づくにつれ、その一番手前が、あおむけに横たわって微動だにしない男性であることが確認できます。撮影者がスピードを落とさずすぐにフレームアウトしてしまうのですが、続けて並べられているのも先ほどの男性と同じ大きさの物体。青い寝袋のようなものに入っていたり、白いシーツでくるまれていたりする。極めつきは、そこから“足”が出ているものもある。要は、コロナに感染し死亡した遺体を、路上に放置している、まさにその実情を撮影している映像であると思われるのです」(前出・ジャーナリスト)

 動画では近代的な構えの商店が居並ぶ、約200mほどの距離を撮影しているが、武漢では外出禁止令が発令されているため、住民の姿は1、2人が確認できたのみ。対して、放置遺体の数は約20体にのぼった。

「活動停止に陥った都市で、葬儀や遺体の焼却にも手が回らないのでしょう。家庭に安置するにも季節は冬、宅内に置けば暖房で腐敗や傷みが進行するはず。それならば外気にさらしておいた方がまだまし、という事かもしれません…」(前出・ジャーナリスト)

 文字通り「死の街」と化していた武漢。

「中国政府は3月22日、武漢市で新たに確認された感染者が4日連続ゼロだったと発表。一部移動制限も解除されたとも報じられています。しかし中国では検査で陽性でも発熱、セキなどの症状がなければ感染者として扱われていません。感染のピークは過ぎたのかもしれませんが、実際にどのような状況なのか、不安は残りますね」(前出・ジャーナリスト)

 不安のピークはまだ先にあるのか─。

(写真は新型肺炎のイメージ)

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え