女子アナ

タテスジ披露忘れない!岡副麻希、「めざまし」卒業で視聴者から惜しみない拍手

 この光景がもう見られないとなると、ただただ寂しいところ。

 フリーアナウンサーの岡副麻希が去る3月28日放送をもって、レギュラー出演していた朝の情報番組「めざましどようび」(フジテレビ系)を卒業した。

 岡副は早稲田大学在学中の15年4月からお天気キャスターを担当。”黒すぎる女子アナ”としてブレイクした。17年3月に一度は番組を卒業しているが、同年10月からはスポーツキャスターとして復帰した。

 そんな岡副だが、ラスト出演となったこの日の放送で、まさに見納めとなる艶っぽショットを披露して、ネット上をザワつかせたようだ。

「この日、岡副は自宅でも簡単にできる美ヒップトレーニングを実演。その中で仰向けで腰をあげた状態をキープする動作がありましたが、パーカーとスパッツというスタイルで臨んでいたこともあって、股の間の部分には”縦のスジ”がくっきりと浮かび上がっていました。体の柔軟性をアピールポイントとしている岡副は今までも“スジ”が強調されるようなアクシデントが何度も確認されています。そのため、ある意味、見慣れた光景ではあったものの、番組卒業により地上波で定期的に見られる機会は減ってしまいますから、そう考えると寂しいですよね」(エンタメ誌ライター)

 そのため、視聴者からは「今日もいい食い込みっぷりだな」「はぁ~これが最後か…」「しっかり目に焼き付けさせてもらいました」「もう岡副がストレッチだけする番組作ってくれよ」など、岡副の卒業を惜しむ声が殺到していた。

 番組の最後には「私を朝から見たくない人も本当にたくさんいたと思うんですけど…。今、チャンネルを変えずにいてくれている人は優しい心を持っていると思うので、今、この状況もその心を持って、頑張って乗り切りましょう」と、やたらと謙虚なコメントを残して番組を去っていた岡副。しかし、男性視聴者にはとてつもない癒やしを与えていたことは間違いないだろう。

(田中康)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」