政治

三原じゅん子、ネット民をザワつかせる“黒マスク”が似合いすぎの威圧感!

 新型コロナウイルスの感染拡大によりマスク不足が問題となり、政府が全国の世帯に2枚ずつ布マスクを配布することを発表。この対策が「アベノマスク」などとヤユする声が噴出するなど物議を醸しているが、そんな中、「マスク姿」が話題を呼んでいるのが、自民党の三原じゅん子参議院議員である。

「参院本会議などでも見せていましたが、最近、三原氏がつけているのが、黒マスク。他の議員は普通の白マスクばかりだけに、その姿が非常に目立っており、ネット上でも話題になっているんです。場にふさわしくない、とした批判も多少見られるのですが、国会中継で時に映し出されるマユをひそめ腕組みをする彼女に、《ボス感がすごい》と圧倒される声がほとんどのようですね」(ネットウオッチャー)

 他にも〈三原じゅん子、黒マスク似合いすぎだろ〉〈威圧感がハンパない〉〈完全にヤンキーだけど55歳なのに違和感ない〉〈ボディーボディー!〉といった感想が見られる。

「SNS上では《三原の黒マスクでみんな“ボディーボディー”って言ってるけど何のこと?》との疑問が出ていましたが、これは1979年、『3年B組金八先生』(TBS系)に不良生徒役で出演した際、同級生にリンチする場面で仲間に命令した『顔はヤバイよ、ボディーをやんなボディーを』の名セリフを指してのもの。ネット上は、それを知らない若者との世代ギャップも話題となっていたほどです」(前出・ネットウオッチャー)

 そんな三原氏は昨年6月にも、参院本会議のスピーチで野党に対し「愚か者の所業」「恥を知りなさい!」と斬って捨て、いい意味でも悪い意味でも注目されている。もちろん中身が伴えばの話だが、キャラの薄い政治家が多い中、そのドSっぽいキャラは、存在感の意味では成功と言えるのかもしれない。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは