女子アナ

滝川クリステル、3カ月ぶり復帰でも“逆風”に変わっていた「世間の嫌悪度」

 4月5日、フリーアナの滝川クリステルが、MCを務めるラジオ番組「サウージ!サウダージ」(J─WAVE)に出演。3カ月ぶりに復帰を果たしたが、相当な逆風にさらされる格好となっている。

 昨年9月に小泉進次郎環境相と結婚。今年1月に第一子となる男児を出産していた滝川。冒頭、「こんにちは、そしてみなさまお久しぶりです。滝川クリステルです。3カ月間産休を頂きまして、今日からJ─WAVEに戻ってきました」と挨拶し、「先が見えない不安な思いの日々を送っていらっしゃるかと思いますが、日曜のこの時間は、心安らぐ音楽を聴きながら、どうぞごゆっくりお過ごしください」と、新型コロナ拡大の最中でリスナーへの心遣いを見せた。

 さらに「先週までの3カ月間産休を頂きまして、仕事を休んだのが20年ぶり?ってことになるんですね。それを言うと、ビックリするんですけど自分でも」「育児に追われている日々があっという間に過ぎてしまっているということなのでしょうね。毎日が初めての経験をしているわけで、その日々によって、この3カ月が、まったくそのように感じられなくて…」と多忙さを告白している。

「しかし、そんな滝川に《子供のためにも育児に専念したほうがいいのでは?》《コロナの最中、お子さんのそばにいればいいのに。クリステルにそこまで早い復帰は求めていない》、さらに《結婚してイメージ悪くなった》といった意見が噴出しています。どうやら、進次郎氏の育休宣言への批判、昨年末に『週刊文春』が報じた既婚女性との不貞疑惑という旦那側への不信感が、そのまま滝川にも降りかかっているようです。おまけに“おもてなし”スピーチにより滝川のネームバリューを一気に上げた東京五輪もコロナの影響で延期。3カ月と産休としてはかなり早い復帰で本人のヤル気も感じられる放送でしたが、世間のイメージとしては、タイミング的に芳しくなかったとも言えるでしょうね」(芸能記者)

 国会議員、それも小泉進次郎の妻として、どれだけの幅のタレント活動ができるのか、今後に注目である。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史