芸能

田中みな実 発行60万部越えの写真集カットを「“生”披露」サービス

 発行部数60万超えの写真集「Sincerely yours…」刊行から4カ月。ようやくフィーバーも落ち着いてきた田中みな実(33)だが、今クールの「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)に女優として出演。再び、話題騒然である。浜崎あゆみ(41)の自伝的小説を実写化したこの作品での田中について、

「ヒロインを圧倒するインパクトが評判となり、最も反響の大きいキャストなんですよ」

 と語るのは、テレ朝関係者だ。田中が演じるのは、主人公の恋路を邪魔する社長秘書。スポーツ紙放送担当記者が解説する。

「レコード会社社長へのストーカー的な執着のあまり、社長に接近する主人公をあの手この手でイジメ抜くという悪役なのですが、これが原作には出てこない完全オリジナルキャラ。陰湿極まるイジメ方もさることながら、なにより常に分厚い眼帯を着けた外見の衝撃がすさまじいんです」

 なんとも奇っ怪な役を任されたわけだが、先のテレ朝関係者は、

「スタッフへの半端ないサービスで、現場の輪の中心になっている」

 と明かすのだ。そのひとつが「即席サイン会」。テレ朝関係者が続けて、その様子を語る。

「スタッフの中には田中の写真集を買った人間が多くおり、サインを求めて現場に本を持参してくるんです。彼女も嫌な顔をせず、希望者全員に名前入りで丁寧にサインしている。ある日にはちょっとした列ができたほどの人気なんですよ」

 田中のサービスぶりはサインにとどまらず、男性スタッフの股間を熱くする、超セクシーなものにまで発展。それは、スタッフ数人と一緒に写真集を眺める「鑑賞会」だった。

「スペインで撮影した際のエピソードを披露しながら1枚1枚めくっていくのですが、この際の本人解説がコーフンものです。彼女自身が特にセクシーだと思う写真を何枚かピックアップしてくれる。鑑賞会に参加したスタッフによると、刊行時に騒然となった『マンスジ露出写真』も入っていたとのことでした」(テレ朝関係者)

 あるスタッフなどは「本人みずから『ヌキどころ』をレクチャーしてくれる」と感謝感激の様子だったとか。

 そしていよいよ「ナマ実践」へとエスカレートしていく。

「写真集には『窓辺にもたれかかり、振り向きながら尻を突き出す』という、とりわけ有名なカットがありますが、そのポーズを目の前で実践し、再現してくれる大盤ぶるまい。『生きててよかった』と口にするスタッフまでいたと‥‥」(放送担当記者)

 そんな田中について、女子アナ評論家の春山マサハル氏は「売れ続けている理由の一つに、図抜けたサービス精神がある」と指摘して、次のように評する。

「バラエティー番組に出演した際も、ネットニュースに取り上げられて番組の知名度が上がるよう、意図的に炎上ギリギリの発言をしている。今後も制作サイドにとって『使いたい芸能人』であり続けるでしょう」

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意