芸能

中川翔子、太川陽介の旅番組に2度目の出演も「ファンが絶句!」の理由とは?

 タレントの中川翔子が4月8日放送の「ローカル路線バスVS鉄道 乗り継ぎ対決旅」(テレビ東京系)に出演。太川陽介とともにローカル路線バスの旅を繰り広げた。

 しょこたんが路線バスの旅に出るのは、昨年5月に放送された「太川蛭子の旅バラ」(テレビ東京系)のローカル路線バス乗り継ぎ旅以来2度目。この時と今回ではルールが違うものの、慣れた様子で旅を楽しんだ。

 しょこたんが番組冒頭で明かしたところによると、母親が大ファンで一番好きな番組なのだという。彼女自身も番組をよく見ていることをうかがわせた。

「太川が地図に赤丸をつける姿を見ては喜んだり、夕食の時の乾杯で太川がビールを一気に飲み干すのを期待して見ていたりと、ファンなら大喜びのシーンをわかっていて、番組をよく見ていることがわかりました。彼女は何についても好きだと言う傾向があり、口先だけのファンとヤユされることがありますが、バス旅については本当に好きなようですね」(芸能ライター)

 それならば、今回の旅が大好評だったか…というと、実はそうでもないようだ。ファンからしょこたんに「呆れた」「言葉を失った」といった声が出ているのだ。

「今回の旅は、途中で必ず寄らないといけないチェックポイントが2カ所設定されました。どちらも温泉で、入って行かなければいけないルール。ところがしょこたんは足湯に入っただけで、湯船に入るシーンを披露しなかったんですよ。鉄道チームの村井美樹とゆきぽよはちゃんと温泉に入り、柔肌を見せていました。しかもANZEN漫才のあらぽんと混浴もしています。それで『もったいつけている』『プライドが高いんじゃないか』といったふうに批判されているわけです」(前出・芸能ライター)

 3度目の出演の時はぜひとも、さらりとお風呂シーンを披露して、口うるさいファンを喜ばせてほしいものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像