芸能

“米倉涼子の穴を埋める”真矢ミキ「Eカップ女優」の覚醒(2)事務所をクビにされた過去

 演劇ライターが宝塚時代の真矢の魅力をこう語る。

「当時の宝塚は、娘役に限らず、男役でも派手なメイクを施すのが定石でした。ところが真矢さんは、それまでにないナチュラルメイクや長髪を取り入れ、衣装も独特の着こなしをするなど斬新な発想で新風を吹き込んだ。『宝塚』の魅力をより多くの人たちに伝えようと篠山紀信とのタッグで97年には撮り下ろしの写真集『Guy』(宝塚歌劇団刊)を発売。当時はタブーとされた『男役による女装』を披露して話題を集めました。さらに翌98年、現役タカラジェンヌとしては初となる日本武道館でのソロコンサート『MIKI in BUDOKAN』を実現。つんく♂とタッグを組んで、シャ乱Qの『ズルイ女』や『すみれの花咲く頃』のロックバージョンなどを熱唱して、観客を魅了した」

 このような実績が認められ、14年の宝塚歌劇団100周年の記念祭典では司会を務めるなど、関係者、ファンの間ではレジェンドとしての名声をとどろかせてきた。

 だが、98年の宝塚退団後は、それまでの輝かしいキャリアからは想像もできない苦難の道を歩むことになる。

 大手芸能事務所に在籍して女優活動をスタートさせたが、なんと戦力外通告を受けてクビになってしまうのだ。

「事務所の期待は大きかったのですが、真矢本人が『新たな分野に挑戦したい』とファンクラブを解散し、『2年間は舞台には立たない』と決めたんです。ミュージカルや舞台のオファーを断り続けた結果、仕事がうまく回らなかった。当時は旅番組で海外の秘境の地に行ったり、バラエティー番組のお見合い企画に出演したりと、近年のマルチタレントぶりの下地を作ったとも言えますが、周囲の期待とはまるで違いました」(演劇ライター)

 所属事務所クビでアラフォーとなれば、再起を図るには容易ではない状況だったが、みずから道を切り開いたのだ。

「03年に公開された映画『踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』(東宝)のオーディションにフリーの立場で臨んだんです。結果、織田裕二と対峙する非情な女性管理官を演じて注目を集めました。オーディションには知人に借りたスーツで行ったそうです」(演劇ライター)

 同作のヒットとともに、女優として再び脚光を浴びた真矢は数々のドラマ、映画、CMに出演して存在感を増していく。新たな芸能プロにも所属できたのだが‥‥。

「特に08~10年に流れた悠香『茶のしずく石鹸』のCMは『あきらめないで』のセリフで話題を呼びましたが、商品に欠陥があり、集団訴訟という事態になった。もちろん真矢に非はありませんが、とんだトバッチリでした。その後も事務所社長と方向性を巡ってケンカ別れ。再び所属事務所を失ったところを拾ってくれたのがオスカーでした」(芸能プロ関係者)

 その恩返しで、窮地に陥った事務所の救世主になろうとは、できすぎたストーリーだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方