女子アナ

「M」田中みな実の怪演にも上がった盛大なツッコミは制作側の思い通り?

 4月ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレ朝系)の第1話が4月18日に放送され、 ツイッターでは「#M愛すべき人がいて」がトレンドトップ3にランクインするほどの反響を呼んだ。

 同作は歌姫・浜崎あゆみが誕生するまでに秘められた出会いと別れを描く、小松成美の同名小説を映像化。鈴木おさむが脚本を担当し、ドラマの舞台となる 1990年代に流行したファッションや小物、スポットも忠実に再現している。

 初回は夢をかなえるため上京したアユ(安斉かれん)とカリスマプロデューサー・ マサ(三浦翔平)の出会いが描かれた。SNS上では安斉の演技について「棒読みすぎる」、ドラマ全体について「安っぽい」「笑える」といった感想が多かったが、特に反響を呼んだのは右目に眼帯をしたマサの秘書役、田中みな実の怪演。 マサに思いを寄せており、マサがアユに肩入れするのが許せず、嫉妬からアユに嫌がらせを繰り返す役柄だが「ぶっ飛び具合がすごい」「強烈すぎる」と狂気を感じさせる演技が視聴者の目を引いたようだ。

「鈴木おさむ脚本の2017年のテレ朝系ドラマ『奪い愛、冬』で水野美紀の怪演が話題になりましたが、ネット上では、今回の田中を水野に重ねて観る人が多いようです。また1983年の大映テレビ・TBS製作のドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系)の片平なぎさを思い出すという声もたくさん見受けられました」(芸能ライター)

 第2回には水野美紀がゲスト出演し、クレイジーな鬼講師を演じるという。

「 最初からツッコミどころ満載で、ネット受けを狙ったドラマという見方もできます。初回視聴率は5.6%と深夜ドラマとしては好スタートを切りましたが、田中の演技も含めて今後、さらに人気を集めていきそうな気配です」(前出・芸能ライター)

 今後の展開に期待したい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」