芸能

飯豊まりえ、「家政夫のミタゾノ」加入に「環境激変する?」ネット民騒然のワケ

 今やTOKIO松岡昌宏の代表作と言える深夜ドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の第4シーズンが4月24日にスタートする。松岡演じる女装したスーパー家政夫・三田園薫が同じ「むすび家政婦紹介所」に所属する後輩家政婦とコンビを組み、派遣先で仕事をこなしつつ、その家庭の裏にはびこる「根深い汚れ」を暴き、一度は家庭を崩壊させるも、そこから再生へと導くという爽快感のある1話完結ドラマだ。

 第1シーズンでは清水富美加(現・千眼美子)、第2シーズンでは剛力彩芽、第3シーズンは川栄李奈プラス松岡の後輩であるHey!Say!JUMPの伊野尾慧も仲間入りして派遣先に繰り出していたのだが、新シーズンも伊野尾は続投。さらに飯豊まりえが新加入する。

「清水は出家騒動、剛力は恋愛騒動、川栄はできちゃった結婚発表後に夫の俳優・廣瀬智紀に二股疑惑が発覚するなど、歴代のミタゾノヒロインはなぜか“激しい環境の変化”に見舞われているため、飯豊にも心配の声があがっています。飯豊はジャニーズタレントとの共演を許されている数少ない若手女優ですが、ネット上では『共演する伊野尾と劇的な恋に落ちたりして』『伊野尾より松岡と恋愛に発展したほうが驚愕度は高い』など、現実に起きたら大変なことを大喜利のように挙げている声が少なくありません」(女性誌記者)

 松岡、伊野尾とともに飯豊は、どんなハーモニーを見せてくれるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」