芸能

清野菜名の風間俊介との殴り合いは圧巻/若手女優「演技ハンパない!番付」(3)

 NHK朝ドラの「半分、青い。」(18年)でヒロインを務めるなど売れっ子の永野芽郁は東小結に。

「今春の『3年A組─今から皆さんは人質です─』(日本テレビ系)の演技もネット上で」絶賛されましたが、忘れがたいのが『僕たちがやりました』(17年、関西テレビ)での濡れ場。当時17歳で、窪田正孝にベッドで後ろから抱きしめられるシーンは、目だけで芝居ができるいい表情でした」(芸能評論家・織田祐二氏)

 そして三役の締めくくりとなる西小結には、松本穂香が入った。美少女研究家・高倉文紀氏が評する。

「朝ドラで先輩の有村架純と共演した『ひよっこ』(17年)や、主演を務めた『この世界の片隅に』(18年、TBS系)では、ひたむきな感じが出ていて、CMの『au』では親近感がわく雰囲気。今以上に華やかさを身につければ、高畑充希のようになっていく可能性もあると思います」

 大器であることは間違いない。

 3月まで1年間の長丁場でオンエアされていた「やすらぎの刻~道~」(テレビ朝日系)で主演を務める清野菜名は東前頭筆頭に。

「軍国少女を演じていますが、運動神経が抜群なので、風間俊介とのガチの殴り合いのシーンはさすがとうならされる。和製ミラ・ジョヴォヴィッチになれるでしょう」(前出・織田氏)

 昨年9月に公開された「人間失格」(松竹)でフルヌードも披露した二階堂ふみはどうか。

「12年の映画『ヒミズ』(ギャガ)で、染谷将太にビンタを何発も食らい、本気モードで頭を何度も叩かれるシーンは、女優の凄味に度肝を抜かれました」(前出・織田氏)

 一緒に仕事をした映画監督の野本史生氏によれば、年齢とともに「頭でっかちな芝居」が消えたことで成長につながっているそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方