社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<微笑みうつ病>「ひそかに増えている周囲も気づかない心の闇」

 コロナうつや5月病の増加が喧伝される中、一見、楽しそうでも実態はうつ状態の人もいる。それが「微笑みうつ病」だ。近年注目度が上がっている病気で、医学的には「非定型うつ病」に近いとされている。

 一般的な「うつ病」は、好きなことに対する興味を失ったり、食欲不振などといった、何らかの変化が見た目にもわかる場合が多い。それに対して「微笑みうつ病」は見分けが難しく、周囲が気づきにくい。仕事も順調で、職場や家族・友人にも笑顔で接し、コミュニケーションもスムーズにとれているものの、本人がうつ症状を自覚していないからやっかいだ。そのため「落ち込む理由などない」と沈んだ気持ちを恥ずかしく考え、無理をして笑顔でふるまってしまうのだ。

 これこそ大きな問題で、仕事で評価された時や、楽しいことがあった時は、一瞬元気になるのだが、その直後にひどく落ち込み、ひどい場合は自殺願望に苦しむ人もいるという。

 米国ペンシルベニア州の臨床心理士ハイジ・マッケンジー博士によると、病気のサインとして「仕事がとても大変に感じる」「仕事はなんとかこなせるが、集中力が保てない」「家に帰るといつもクタクタで、夕食もとらず、着替えもせずに寝てしまう」「落ち込むことに対して罪悪感があり、何もする気が起きない自分を責めて、ネガティブな感情になる」などの症状が当てはまる人は特に注意すべきだ。

 解決策として、自身の心の問題に蓋をしないことが大切だ。落ち込みを感じるのは決して恥ずかしいことではないのだと考え、家族や友人など、周囲に助けを求めよう。また、自宅で軽い運動をしたり、ネット動画などを見ながらヨガやストレッチなどを行うのもお勧めだ。バランスのいい食事も心がけたい。それでも改善しない場合には、心療内科に相談してみるのもいいだろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは