社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<微笑みうつ病>「ひそかに増えている周囲も気づかない心の闇」

 コロナうつや5月病の増加が喧伝される中、一見、楽しそうでも実態はうつ状態の人もいる。それが「微笑みうつ病」だ。近年注目度が上がっている病気で、医学的には「非定型うつ病」に近いとされている。

 一般的な「うつ病」は、好きなことに対する興味を失ったり、食欲不振などといった、何らかの変化が見た目にもわかる場合が多い。それに対して「微笑みうつ病」は見分けが難しく、周囲が気づきにくい。仕事も順調で、職場や家族・友人にも笑顔で接し、コミュニケーションもスムーズにとれているものの、本人がうつ症状を自覚していないからやっかいだ。そのため「落ち込む理由などない」と沈んだ気持ちを恥ずかしく考え、無理をして笑顔でふるまってしまうのだ。

 これこそ大きな問題で、仕事で評価された時や、楽しいことがあった時は、一瞬元気になるのだが、その直後にひどく落ち込み、ひどい場合は自殺願望に苦しむ人もいるという。

 米国ペンシルベニア州の臨床心理士ハイジ・マッケンジー博士によると、病気のサインとして「仕事がとても大変に感じる」「仕事はなんとかこなせるが、集中力が保てない」「家に帰るといつもクタクタで、夕食もとらず、着替えもせずに寝てしまう」「落ち込むことに対して罪悪感があり、何もする気が起きない自分を責めて、ネガティブな感情になる」などの症状が当てはまる人は特に注意すべきだ。

 解決策として、自身の心の問題に蓋をしないことが大切だ。落ち込みを感じるのは決して恥ずかしいことではないのだと考え、家族や友人など、周囲に助けを求めよう。また、自宅で軽い運動をしたり、ネット動画などを見ながらヨガやストレッチなどを行うのもお勧めだ。バランスのいい食事も心がけたい。それでも改善しない場合には、心療内科に相談してみるのもいいだろう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
キャンプ激震!西武ライオンズに再燃する「身売り話」の深刻事情
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
フィリピン収容所「広域強盗団4人送還」の裏で動いた「2000億円」の効果
4
ハイヒールを履いたヤクザ風の男に和式便所に連れ込まれた吉本芸人の告白/坂下ブーランの地獄耳芸能
5
全国旅行支援トラブル続出でクレームの嵐!対象店で「クーポン使用不可」の理不尽