芸能

「麒麟がくる」、不運続きで気になる長谷川博己と鈴木京香「ゴールインの行方」

 まさに不運続き─。NHK大河ドラマ「麒麟がくる」のことである。

 沢尻エリカ逮捕によって撮り直し、放送延期とドタバタが続き、2週遅らせて番組がスタートしたのが今年1月19日。初回平均視聴率は19.1%(ビデオリサーチ調べ 関東地区)をマークし、番組関係者を安堵させた。が、折からの新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ドラマの撮影は4月1日で休止に。その後の緊急事態宣言で休止は長引き、宣言継続で休止は5月末までに延長された。

「東京五輪の放送のため、初めから5話分少ない全44話の放送を予定していましたが、沢尻問題での撮り直しもあり、撮影済みは6月7日放送分の21話まで。たとえ5月末で感染拡大がおさまり、コロナ終息宣言が出されて、6月1日から撮影に入ったとしても6月14日の放送は不可能。働き方改革で不眠不休の撮影や編集ができないため、総集編(1~7、8~14、15~21)を3回放送して時間稼ぎするしかなさそうです」(テレビ誌ライター)

 初回こそよかった番組視聴率も、最新回(5月10日、14.9%)同様、15%前後で推移している。

「演技力に定評のある長谷川博己ですが、今回は運がないとしかいいようがない。そもそも明智光秀は知名度がもう一つで、華もなければ、見せ場もない。新解釈を加えた織田信長役の染谷将太や父子対決で壮絶な死闘を演じた斎藤道三役の本木雅弘らばかりが目立っています。高視聴率をあげれば記録に残るが、今のままでは不運続きの大河として記憶に残るだけ。このまま数字が上向かなかったら、まるで記憶に残らない。回数を削減して番組終了なんてことになれば、そのまま長谷川の黒歴史となってしまいます」(ネットライター)

 そんな長谷川と10年愛を続けてきたのが、鈴木京香。共演がきっかけで熱愛に発展した2人。鈴木は格下の長谷川を育て支えてきた。長谷川も鈴木の期待にこたえた形で、NHK朝ドラ出演を果たし、大河ドラマの主役をものにした。座長として1年間を高視聴率で駆け抜けた暁に晴れて華燭の天といった青写真を描いてきた。だが、このままの状況でフェイドアウトに向かってしまえば、幸せいっぱいの姿をお披露目するどころではない。

 すでに億ションも購入済みで、後は新生活を始めるだけといわれている鈴木。5月31日は52回目の誕生日だ。毎年誕生日には長谷川との入籍の話題で盛り上がる。今年はいったいどうなるのだろうか。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
人前ではとても口にできない…鉄道ファンに「残念な愛称」で呼ばれる路線3選
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題
4
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
5
投資額が10分の1になる「愚の骨頂」…専門家が重大警告「国が後押しする新NISAは地雷だらけ」