芸能

波瑠、内村光良をデレデレにさせた“ドS”公開調教

 俺も波瑠の犬になりたい…。そう思った男性視聴者もたくさんいたのではないだろうか。かねてより“責めキャラ”を指摘されていた波瑠が、5月5日放送の「LIFE!」(NHK)で、自身が演じたコント「ウエディングデカ」を振り返るトークの中、共演した内村光良、ココリコ田中直樹、ムロツヨシ、中川大志をそれぞれ犬に見立て、しつけをするシーンが展開されたのだ。

「私、ひょっとしてこの才能あるかも?」というテーマの中で、波瑠は「犬のしつけ」と回答。自身が飼っている犬だけでなく、友人の飼っている犬が“ムダ吠え”している時にも適切に叱って黙らせられると説明。そこで中川がムダ吠えする犬を演じることに。

 名前を呼んで叱ると犬がその後に名前を呼ばれた際、褒められているのか叱られているのかわからなくなるため、「名前を呼んで叱っちゃいけないんです」と言っていた波瑠だが、中川が四つんばいになって吠え始めると「大志! だめ!」と名前を呼ぶ失態を繰り広げた。

「大志がやってることが面白くて、つい」と、名前を呼んでしまったことを弁解した波瑠。そこで再び中川が「ワンワン」と吠え始めると、今度は正しく低い声で「こらっ、ダメっ!」と叱ったのだが、続けて田中が吠え出したため、波瑠はこれまた低い声で「いけないっ!」と指導。さらに続けて吠えだしたムロには「静かにしなさい!」、内村が吠え出すと「ゴォラッ!」と、それまでよりさらに低い声ですごむように叱りつけたのだ。

「内村は波瑠に『7~8年前に制服を着て出ていたミュージックビデオを観て『“この子は売れる”と言っていた』『共演することを楽しみにしていた』とファンであることをアピールしていました。おそらく内村の言うミュージックビデオは2008年にリリースされたFUNKY MONKEY BABYSの『告白』のことでしょう。ポニーテールにした制服姿の波瑠がまぶしい笑顔を見せヒロイン役を務めています。番組では内村がもっとも鼻の下を伸ばしていましたが、田中、ムロ、中川もそろってニヤニヤ顔になり、中川に至っては『コレ、いいですね』と言っていましたから、喜んだ視聴者も多かったのでは」(テレビ誌ライター)

 公開調教シーンをしっかり放送してくれたNHKに感謝するばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
アンゴラ村長がミニを自らめくって…出演者も慌てた突如の仰天行動
2
倖田來未、15年ぶりの番組ロケで明らかになった“Fカップバスト”の異変
3
「何で独身なの?」谷原章介「めざまし8」の発言に男性視聴者が“カチン”!
4
「辞めなきゃよかった」中居正広・米倉涼子がホンネを漏らした独立の“後悔”
5
広瀬すず、「ネメシス」大爆死よりファンが危惧する“バスト問題”とは?