女子アナ

テレ朝・大下容子が役員待遇に!美女アナ出世街道「それぞれの決断」

 5月14日、テレビ朝日の大下容子アナが、6月26日付で役員待遇となることを各紙が報じた。

「93年入社の大下アナは、ベテランらしい安定したアナウンス力で一定の評価を得ていましたが、16年のSMAP解散時に、長らく共演してきた香取慎吾を慮って中立的立場のアナウンサーとしては一歩踏み込んだ対応を見せ、一気に視聴者の信頼を獲得。近年は『好きな女子アナランキング』上位の常連にもなりました」(芸能記者)

 現在はみずからの名前を関した同局の帯番組「大下容子 ワイド!スクランブル」でMCを務め、テレ朝の看板と呼べる活躍ぶりだ。

 それにしても、現役の女子アナが役員待遇を受けるというのは、過去に例がない「快挙」。まさに他局を含めた全女子アナの中で頂点に立ったとも受け取れるだろう。

 女子アナ界では、ある程度の年齢になれば「フリー転身」を図る事例が多い。特に視聴者からの支持を獲得する人気アナにその傾向は顕著で、年々その退社年齢も低くなってきた傾向がある。結果、局員時代よりも年収大幅アップに成功した例は少なくない。そんなフリー転身を除く社内出世についてみた場合、各局はどんな状況なのか。

「さすがに役員待遇とまではいきませんが、局の『アナウンス室』のトップに上り詰めるのがこれまでの“上がり”のパターンでした。フジテレビの佐藤里佳アナがそうですね」(前出・芸能記者)

 また、女子アナは当然ながら会社員である以上、部署異動の対象となることもある。

「多いのがアナウンサーとしての仕事とある意味地続きな報道局への異動です。逆に、まったく経験のない他部署への異動もないことはない。たとえばTBSの木村郁美アナは秘書室に、フジの細貝沙羅アナは人事局に異動になっています」(制作会社幹部)

 人気女子アナがそれぞれの新天地で出世することもあるだろう。一方でこんなケースもある。

「NHKのエース女子アナだった有働由美子は18年にフリー転身しましたが、実はNHK上層部は、会社で言う取締役にあたる“理事”の座を有働に与えることを残留交渉で確約していたとも聞きます。しかし、根っからの現場主義者の彼女は古巣での大出世になびかず、最前線で働くことを選びました」(業界関係者)

 やはり、何が幸せかは当人のみぞ知る、ということなのだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“ヒップ誘惑”&“パン線”披露!インスタ写真が物語る「意気込み」
2
「Fバスト」高梨瑞樹、“マッパ&エプロンでポトフ作り”動画に艶ワード連想声
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
透けてる?吉岡里帆、ヒップ突き出し“ピタピタドレス姿”にファンがクギ付け!
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ