芸能

「奇跡の38歳」安達祐実の色香変遷(3)演じ分けた艶シーンでの3表情

 そんな安達の大きなターニングポイントの一つは、14年公開の映画「花宵道中」(東映ビデオ)だろう。

 久々の映画主演作となる本作は、江戸時代の吉原を舞台にした、安達演じる人気の花魁・朝霧と染め物職人・半次郎(淵上泰史)の切ない恋を描いた物語。安達はここで一糸まとわぬ姿と本格的な濡れ場を披露した。

「安達の『濡れ場は生々しくやろう』の言葉どおり、3度の濡れ場は艶めかしいものばかりでした。中でも、悪徳商人にいたぶられるシーンは延々6分間にも及ぶ濃密なもので、安達の切ないアエギ声が耳に残るほど」(映画ライター)

 うなじを舐められ、荒々しく胸の谷間に手が潜り込むと、朝霧の形のよい乳房をあらわにされる。優しく揉まれるたびに小さめの乳輪と人妻らしいぷっくりと膨らむ乳首が揺れた。

 お座敷には初恋の男もいるため唇をかみしめて耐えるが、手慣れた主の指先が乳首をつまむと、思わず身震いして「アッ、ウーン」とかわいく悶えながら、目を伏せるのだった。

「相手役の津田寛治さんによれば、『最初は優しく揉むように触り、最後に乳首をキュッとつねってください』と、監督から指示されていたそうです」(映画ライター)

 さらに朝霧が前かがみに倒れると、指先が股間に滑り込む。濡れ具合を確かめるようにまさぐり、着物を孔雀の羽根のように巻き上げると、バックから獣のように突き立てられる。三味線の音が響く中、大きな瞳を潤ませ、「アッアッ」と声を上げて耐える姿は切なくもエロっぽい。

 この艶技は映画関係者の評判も高く、プロデューサーの1人も、

「後日、津田さんが『濡れ場は女優さんによって変わる。安達さんは本当にハラを決めていた』と絶賛していたが、濡れ場の表情が全て違うところが話題になった。最初の客とのM字開脚では『気をやるのは初めてよ』と言いたげなアエギ声が遊女のしたたかさをうかがわせ、最後のホレた男との濡れ場では、しがみつくように密着し、小刻みに腰を振りながら悶える。言葉を発せずとも、見ている側をドキッとさせたものです」

 と絶賛を惜しまない。

 安達はその後も15年にドラマ「マザー・ゲーム~彼女たちの階級~」(TBS系)で不倫に溺れるセレブ妻、昨年は「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で妖艶なキャバクラオーナーなど、さまざまな女の闇を巧みに演じて、今まさに女優としての充実期を迎えているのだ。

「ママタレのポジションにしても、小倉優子(36)や木下優樹菜(32)に代わって人気を得る可能性が十分にあるが、もっと艶っぽい役柄にも挑戦してほしい。例えば海外の人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』の日本版として、アラフォー世代の竹内結子(40)や深田恭子(37)らとの濡れ場の競演なんて見てみたい」(佐々木氏)

 衰えぬ美貌と熟したエロスの両輪で、今後もますます魅了してほしい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
3
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】