芸能

「エール」好調も「コント演出」「スタッフ交代頻発」に「来春出直したら」の声!

 NHK朝ドラ「エール」の視聴率が、徐々に上向き傾向だ。5月13日に過去最高の世帯平均視聴率21.6%を記録。週間視聴率も今までで最高の21.2%を叩き出した。これには、主演・窪田正孝とヒロイン役の二階堂ふみの若手ながら安定した演技力に加え、脇役として豪華で個性あふれる俳優陣が次々登場。視聴者が飽きずにいることがあるようだ。

 が、一方では、ある不安要素を指摘するコメントがネット上で目立つという。

 芸能ライターが言う。

「当初脚本を担当していた林宏司氏が早々に離脱したことで、《くだらないドタバタ喜劇になりつつある》《薄い脚本を本格的に演技すると、まるでLIFE(編集部注:NHKのバラエティ番組『LIFE!~人生に捧げるコント~』)のよう》といったように脚本を非難するコメントが見受けられます。例えば、最高視聴率を出した5月13日放送回。窪田が扮する古山裕一と二階堂が演じる音が初めて夫婦喧嘩をした翌朝、ふだんはオドオドしがちな弱気な性格の裕一が、十分な朝ごはんを用意してもらえなかった腹いせに、音が嫌いな納豆を買って鼻歌まじりで帰宅し、イヤがる音の前で涼しい顔で食べ始めた。これには翌日の『おはよう日本』で桑子真帆アナが『いつもはおっとりしている裕一さんですけど、たまに性格変わりますよね? 昨日の納豆攻撃…。ビックリしました』などと番組につなぐ形の発言をしていました」

 また、オンエアが始まってしばらくは、〈原作/林宏司〉とテロップが流れていたのだが…。

「その後、4月20日の第4週『君はるか』からは、《原作/林宏司》《脚本/吉田輝幸》と併記される形に。さらに5月11日の第7週『夢の新婚生活』からは、〈作/清水友佳子〉とクレジットが入り、《原案/林宏司》のテロップはスタッフクレジットの最後のほうに流れるようになりました。で、このまましばらくは清水氏で続行なのかと思いきや、5月18日の第8週『紺碧の空』からは、《作/吉田輝幸》とあり、第7週と同様に《原案/林宏司》が、最後のほうに出るという具合。林氏が『エール』の制作を離れることを表明してから、清水氏ともうひとりの女性脚本家・嶋田うれ葉氏が抜擢されましたが、時間に余裕がなかったようで、番組スタッフで演出担当の吉田氏が当面脚本を担当し、3人での共同執筆になったように見えますね」(前出・ドラマライター)

 ネット上では、〈演出担当が次の担当が決まるまで、とりあえずつないで作った。後任の脚本家も明らかに準備不足、それが今までの放送の中に出ています〉〈来春また初回から放送し直すのがいいと思います〉〈オリンピックも延期になったし。脚本も練り直してゆっくり撮り直したら〉などのような声も出る始末。

「『エール』は、地元の誘致活動でドラマ化が実った初めてのパターンというだけあり、放送初日3月30日は、ドラマの舞台の一つである福島県に限った総合視聴率は43.6%と高い注目を集めています。今後も好調をキープするには、01年の『ちゅらさん』(01年)や『あまちゃん』(13年)のようにご当地ネタや地域色を出し、郷土愛も入れながら、地元ファンの心をガッチリとつかみつつ野田洋次郎、山崎育三郎、柿澤勇人といった、音楽や歌う場を主戦場としている人たちの登場で、後から視聴者となった層をこのまま囲っていくことが最重要案件と言えそうです」(前出・芸能ライター)

 コロナ禍で第13週目となる6月27日をもっていったん放送が休止となるようだが、無事にクランクアップを迎えるられるよう、何かとしわ寄せがいきがちなスタッフ勢にも“エール”を送りたいところだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」
5
これじゃ起爆剤どころか消火剤…阪神の「なんでもかんでも振る男」佐藤輝明はもういらん!