芸能

中島健人&平野紫耀、「Premium Music」の“ワイプ芸”に上がった「酷評」

 多くの音楽ファンは「あなたの歌う姿を見たいわけじゃない!」と文句タラタラだったようだ。5月30日に放送された音楽番組「Premium Music 2020 特別編」(日本テレビ系)でジャニーズタレントの司会者ぶりに、各所からブーイングが巻き起こっていたという。

 この「Premium Music」は3月25日の初回放送から、司会にSexy Zoneの中島健人とKing & Princeの平野紫耀を起用。二人とも音楽番組の司会は初で、フレッシュさを評価する声もある。ところが、今回の放送ではその二人が見せた“ワイプ芸”に批判が殺到したというのである。

「新型コロナの影響により今回の放送では過去の歌唱映像が多用されました。それらの楽曲に合わせて画面の右側では中島や平野の顔がワイプで抜かれ、ノリノリで口ずさむ様がずーっと映し出されていたのです。ジャニーズファンからは《可愛くてしょうがない》《ワイプがメインでいい》といった賞賛の声もあったものの、ジャニーズに興味のない層からはまったく逆の反応が。二人の歌いっぷりを鬱陶しく思う視聴者が多く、《曲を聴きたいのであってあなたの芸を見たいんじゃない》《みんながワイプいらないという理由がわかった》といった酷評が続出していたのです」(テレビ誌ライター)

 ただ、そのワイプでは、アシスタントを務めていた日テレの滝菜月アナもやはり楽曲を口ずさんでいたようだが…。

「滝アナの歌い方はごく控えめで、あの程度なら音楽番組で出番を待っているアーティストも同じように口を動かしていますよ。それに対して中島や平野は、まるでカラオケ歌唱を楽しんでいるかのような派手な動きが目につき、主役はアーティスト本人ということを忘れているかのような悪目立ちぶりに視聴者はモノを言いたくなったんでしょう。もっとも、同番組では二度にわたって“ジャニーズメッセージソングメドレー”が流れ、ラストもセクゾとキンプリの楽曲で締めていたくらいですから、番組側としては、最初からジャニーズファンがメインターゲットだったのかもしれません」(前出・テレビ誌ライター)

 せっかくのデジタル放送なんだから、ワイプのオンオフも選べればよかったのに。そう思う視聴者も少なくなかったかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
田中圭&武田玲奈「ボートレース」CM炎上も「指摘する人は欲求不満!?」の声