社会

新型コロナ「抗体検査」の“常識とウソ”を実体験ルポで全公開!

 コロナ自粛から経済活動再開に舵を切った日本だが、今話題になっているのが「抗体検査」だ。そもそも抗体検査は何のためにあるのか。感染で体内にできるタンパク質(抗体)の有無でコロナにかかったかどうかがわかるといい、つまりは「感染歴」を調べる目的だ。もし抗体が発見されればウイルスに対して耐性を持つため、他人に感染させるリスクが抑えられ、移動の自由も獲得できる─。そう考える人が大半なのではないか。

 百聞は一見にしかずということで、「週刊アサヒ芸能」では、記者が実際に抗体検査を受け、その様子をルポしている。

 ─まずはとある都内クリニックに電話してみると、

「来院して検査されますか。もしくは、お電話で診察後に検査キットを郵送しますので、ご自分で採血をして送り返してもらうことになります」

 とのこと。在宅検査もできるということなので、キットを郵送してもらうことにした。

 やり方はいたって簡単。ボタンを押すと針が飛び出してくる器具を指の先にチクリと刺し、スポイトで血を採取し、それを薬液が入った小さい容器中へ落として返送するだけだ。

 それから5日後。クリニックの医師から電話がかかってきた。

「結果が出ました。陰性でした。よかったですね」

 陰性…ということは、コロナの抗体ナシ? 「よかったですね」とはいったい何か。「陰性=抗体を持っていない」わけだから、今後感染する可能性があるので残念、ということではないのか。

「いえ、抗体検査で陽性が出たとしても、その抗体が終生免疫だとはまだ解明されていないんです。それに、抗体があってもまた再感染する、つまり1~2カ月で抗体が消えてしまう可能性も世界で指摘されています。陰性で万歳です。仮に陽性だったということは、一度はどこかでかかっていますからね。たとえ無症状だった場合でも、ウイルスが一度体内に侵入していたとするなら、それなりに体内細胞は(ウイルスに)アタック(攻撃)され、弱っている。かからないにこしたことはないんです」

 後日、検査結果が書かれた証明書が郵送されてきた。

 実は抗体検査で陽性だった場合、保健所に報告して、すぐにPCR検査を受けなければならないという。そもそも「抗体アリ=もう感染しないから安心」というぼんやりと抱いていた「常識」は全く不正確だったのだ…。

 そんな、話題にはなっているが、いまひとつ具体的な内容がわからなかった「抗体検査」の現実を、6月2日発売のアサヒ芸能6月11日号で詳細にレポートしている。(写真はイメージ)

カテゴリー: 社会   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
降格人事の舞台裏…巨人・原辰徳監督が「桑田真澄ファーム総監督」の功績をバッサリ斬り捨てた
2
阪神・佐藤輝明に大物OBが断言した岡本和真・村上宗隆との「決定的な違い」
3
京都で花見旅行パニック!地元住民が頭を抱える「オーバーツーリズム」ひどい現場
4
あの絶対的エース痛恨!プロ野球「連続開幕投手記録」を阻止したのは「落合博満」と「余計なひと言」だった
5
巨人・原監督の「家に帰ってくれ」指令に「私はキャプテンですから」と答えた岡本和真の心境