芸能

松本人志、“番組のせいにするのはヤツらの逃げ道になる”発言に飛び交う賛否

 ダウンタウンの松本人志が、レギュラー出演する5月31日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、ネット上に氾濫する匿名での誹謗中傷について言及した。

 番組では、5月23日に22歳の若さでこの世を去ったプロレスラー・木村花さんについて取り上げ、彼女が出演していた、フジテレビなどが制作していた恋愛リアリティ番組「テラスハウス」での言動により、SNSで大量の誹謗中傷コメントが浴びせられていた経緯についても紹介。

 現在、その「テラスハウス」による意図的な編集や演出が木村さんへの非難の間接的要因となったのではないかとする声が一部から出ているが、松本はこれについて「匿名で誹謗中傷するヤツらが悪いに決まってて、番組が悪い、番組の演出がどうたらとなっていくのが、ボクはわかるけど、優先順位はそっちだろと」とコメント。あくまで木村さんを直接的に追い込んだのは中傷を送り付けたユーザーであると強調した。

 続けて、「番組のせいに(するように)なると、ヤツらは本当に卑怯だから、こんな番組やってるから我々は誹謗中傷したんだと逃げ道を作る。そういう言い訳のキッカケを与えてしまうから、番組が悪いという方向に今もっていくのは、あいつらを救うみたいですごく嫌ですね」とし、番組の演出部分を非難することが誹謗中傷の加害者を免罪することにつながってしまうと警鐘を鳴らしている。

「フジテレビの情報番組における、やや『テラスハウス』擁護にも聞こえかねない話だと思ったのか、松本は、その後、『別にフジテレビに忖度してるわけじゃないです』とも釘を刺していました。しかし、このコメントには賛否の反応が集まり、『どっちも悪いが松本の言うことは正論』『誹謗中傷は悪質だしほんと卑怯』との同調も寄せられましたが、一方で、『誹謗中傷してる人は論外だけど、出演者が炎上するような演出をした番組にも問題あるよ』『どっちかが悪いんじゃない。どっちも悪いんだよ』『芸能人はテレビ局が仕事場だから誰も制作側につっこまない』『誹謗中傷が悪いなんて大前提。それで番組制作側が責任逃れしていいわけない』との反発も集中。誹謗中傷者と番組の演出に優先順位を付けるのではなく、そのどちらにも異なる意味での責任や原因があるという声が多かったですね」(テレビ誌ライター)

 松本自身もこれまでのキャリアの中で多くの誹謗中傷に悩まされてきた過去を持ち、ネットでの匿名発言と、素性を明らかにした上でのタレントのコメントはまったく異なるものだとも力説してきた。

 今回のコメントは誹謗中傷の存在を糾弾するが故に、番組擁護にも解釈されかねないものとなってしまったが、一方で「テラスハウス」に責任が無かったとは口にしていない。

 今後、ネット上で出演者が個人的に被害を受けかねないような番組作りを制作サイドが再考しなければならないのはもちろん、同時に、ネット上での匿名の誹謗中傷そのものについても何らかの厳しい対応策について議論されるべき時に来ているのだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」