芸能

超ド級破壊力!乃木坂46山下美月、“キス顔”披露で「リピート再生ファン」続出

 ファンも画面をガン見してしまったようだ。

 乃木坂46の山下美月が6月4日に放送されたバラエティ番組「THE突破ファイル」(日本テレビ系)にVTR出演。渾身のキス顔を披露してファンを喜ばせた。

 実際に起きた絶体絶命のピンチを驚きのひらめきによって突破した方法を実録ドラマ化してクイズ形式で紹介する同番組だが、山下は「ラーメンズ」の片桐仁演じる登山が趣味の男と山頂で出会った”山ガール”として登場。

 そのVTRの中ではキュートな食事シーンのほかに、片桐が抱いた妄想シーンの中でのキス顔も披露。キス顔を見せるシーンの撮影では、照れてしまったため、一度NGを出してしまったという裏話もあるようだが、オンエアされたキス顔は当然、可愛らしく、テレビの画角いっぱいいっぱいになるほど、顔面がどアップで撮影されていたこともあって、“破壊力”は抜群。

 あらかじめネットニュースやCMなどでキス顔を披露することが告知されていたこともあり、多くの乃木坂ファンが山下のキス顔目当てで同番組を視聴。山下のキス顔については「山下、相変わらずやってんな~ でも、めちゃ可愛いな」「録画しといて正解だった」「何回もリピート再生させてもらいますわ」など興奮気味な声が上がっており、ファンも大満足だったようだ。

「山下は、昨年12月放送のバラエティ番組『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)で、キスに興味があるという理由から、お笑いコンビ『紅しょうが』の熊元プロレスから2種類のキスを伝授されていました。そして、熊元が用意した折り紙で作った“パクパク”を相手の唇に見立てての実戦練習では、相手の上唇と下唇を交互にキスする『バインドキス』と、相手の唇をまるごと覆いつくして吸い尽くす『エアークリーニングキス』を披露。明らかに不慣れ、かつ照れながらも、精いっぱいのキス顔で多くのファンを“キュン死”させています」(アイドル誌ライター)

 サービス精神旺盛な山下だけに、今後もその魅力的なキス顔を出し惜しみすることなく披露してくれることに期待したい。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
太川陽介を「バスの悪魔」とコキ下ろし!「あのちゃん」まさかの「バス旅復讐戦」へ
4
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」
5
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」