芸能

長谷川博己、お化け大河「独眼竜政宗」が“並”の視聴率でホッとひと安心?

 6月14日、新型コロナにより撮影が遅れているNHK大河ドラマ「麒麟がくる」に代わり、「麒麟がくるまでお待ちください 戦国大河ドラマ名場面スペシャル 独眼竜政宗」が放送され、平均視聴率が10.5%だったことがわかった。

「番組では1987年に放送の『独眼竜政宗』の名シーンを振り返り、主演の伊達政宗役を務めた渡辺謙が撮影当時の裏話を披露。リモート出演でMCを高橋英樹、麒麟の川島明が務め、ゲストに歴史マニアの松村邦洋、宮城県出身で伊達氏の分家の末裔であるサンドウィッチマン・伊達みきおを招き大河トークに花を咲かせましたね」(テレビウオッチャー)

「麒麟がくる」の一時放送休止が判明してから、ネット上では“「麒麟がくる」の総集編より過去作品の名場面を”といった声は多く、そんな視聴者の希望が叶った格好。しかもその1回目が視聴率39.7%という大河史上最高を記録している「独眼竜政宗」だっただけに、今回もかなりの数字を獲るとの見方もあった。

「それが結局、10.5%でしたから、少々肩透かしを食らった感じです。ただ、一方で『麒麟がくる』主演の長谷川博己は、少なからずホッとしているのでは。『麒麟がくる』の休止直前の第21話の視聴率は16.3%。『独眼竜─』がお化け大河とはいえ、過去作に簡単に超えられるようでは、6月末から収録が再開する自身のモチベーションにもかかわりますからね」(テレビ誌ライター)

 とはいえNHKは14日、名場面特集については今後、「国盗り物語」、「利家とまつ」の放送に、東京都知事選速報や「秀吉」などが加わり、穴埋め期間が最短で7月26日までになることを発表している。関係者や長谷川は、長すぎる間隔で熱が冷めてしまわないことを祈るばかりだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
日テレ河出奈都美、“ポスト水卜麻美”が見え始めた「爆裂バスト」アピール加速
3
「バスト強調」艶系人気動画、突如登場「2代目」に視聴者が戸惑う“形状の違い”
4
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線
5
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方