芸能

ドラマ「ドラゴン桜2」放送1年延期も“スタッフが超高視聴率を期待”の理由!

 4月7日以降の緊急事態宣言の余波により、放送延期が相次いでいる各局の連続ドラマ。

 NHK朝ドラ「エール」では、6月16日に収録が再開されたものの、ストックがなく同29日から再放送。同18日に初回放送にこぎつけた木村拓哉主演の話題作「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)も「7月いっぱいで終了」と大幅な話数の削減が報じられている。

 各局が対応に苦慮するなか、とりわけ大きな決断を強いられたのが、夏クールにTBS系の「日曜劇場」枠で放送予定だった「ドラゴン桜2」だ。

 阿部寛主演で05年に放送されたドラマ「ドラゴン桜」の15年ぶりの続編として注目を集めていた同作だが、阿部以外のキャストの発表目前で「今夏の放送は困難」とTBSが判断。

「丸一年の延期」が濃厚となり、放送を楽しみにしていた視聴者の間で悲鳴が上がっている。

 テレビ関係者が語る。

「前作では長澤まさみ、新垣結衣、山下智久ら超豪華メンバーが出演していただけに、今作もキャスティングに期待が寄せられていました。前作ファンは非常に落胆していますね」

 一方、制作側の反応はどうかというと、前出のテレビ関係者は「当初は困惑の声が大きかったものの、いまでは『むしろメリットになるのでは』との見解もスタッフ間で出てきている」と明かすのだ。

 放送1年延期のメリットとは─。

「今後1年近く視聴者の間で『キャスト予想』が盛り上がるのは間違いない。引っ張りに引っ張って『超高視聴率が期待できるのでは』と見られているんです」(前出・テレビ関係者)

 ファンにとって待ち遠しい1年になりそうだ。

(山倉卓)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ