芸能

明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ

 ユーチューバーを「敵」や「素人」として忌み嫌っている明石家さんまが、人気ユーチューバーコンビの「水溜りボンド」にはずいぶんと優しい対応を見せていたという。

 7月7日放送の「夏の超特大 さんま御殿!!」(日本テレビ系)に初出演した水溜りボンド。メンバーのカンタは同番組への出演に母親が大喜びしていると明かし、「ユーチューバーになって(さんま御殿に)出れるって思ってなかったんで」と語ると、さんまはすかさず「そらぁ敵やもんな、俺ら!」と先制パンチだ。さらには「来んなよ~テレビに」と、いつも通りのユーチューバー嫌いを見せていた。

「ところがさんまは続けて『ここは来てもええわ、ここは』と、水溜りボンドの番組出演を歓迎。その後も彼らを無視することなく何度となく話を振ったほか、はじめしゃちょーからビデオカメラをプレゼントされた話を自ら切り出し、『俺ユーチューブなんてせえへんねんて、“さんましゃちょー”とか言ってる場合ちゃうやないか』と、ユーチューバーを題材に笑いを取っていたのには驚きましたね」(芸能ライター)

 さらには外出中にファンに見つかるようになったと明かすトミーのことを「スゴいよ、変装しないと歩けないクラスになるって」と素直に賞賛。水溜りボンドを他の出演者と等しく扱っていたのである。そんなさんまの変心にはどんなワケがあるのだろうか?

「水溜りボンドは青山学院大学のお笑いサークルで結成されたコンビで、後輩には吉本所属の芸人もいます。彼らがユーチューブを始めたのは2014年10月ですが、その2カ月前には『キングオブコント2014』の予選1回戦に合格していた実績もあり、いわばお笑い出身と言える存在。さんまは番組冒頭で『大学生からやってんねやろ?』と問いかけるなど二人の経歴を事前に頭に入れていたようですし、彼らのことをお笑い出身者として“可愛い後輩”くらいに思っていたのかもしれません」(前出・芸能ライター)

 どうやらさんまに気に入られた様子の水溜りボンド。彼らが所属する事務所のUUUMが4月に吉本興業と業務提携を結んでいたことも、今回の出演にはプラスに働いていたのかもしれない。(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
加藤綾子「活動休止」で蘇る…女子アナ生活14年を彩った「男7人」との「本当の関係」
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
広島カープOBが佐々岡監督Bクラス辞任を「バッティングセンター状態だった」酷評
5
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇