芸能

明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ

 ユーチューバーを「敵」や「素人」として忌み嫌っている明石家さんまが、人気ユーチューバーコンビの「水溜りボンド」にはずいぶんと優しい対応を見せていたという。

 7月7日放送の「夏の超特大 さんま御殿!!」(日本テレビ系)に初出演した水溜りボンド。メンバーのカンタは同番組への出演に母親が大喜びしていると明かし、「ユーチューバーになって(さんま御殿に)出れるって思ってなかったんで」と語ると、さんまはすかさず「そらぁ敵やもんな、俺ら!」と先制パンチだ。さらには「来んなよ~テレビに」と、いつも通りのユーチューバー嫌いを見せていた。

「ところがさんまは続けて『ここは来てもええわ、ここは』と、水溜りボンドの番組出演を歓迎。その後も彼らを無視することなく何度となく話を振ったほか、はじめしゃちょーからビデオカメラをプレゼントされた話を自ら切り出し、『俺ユーチューブなんてせえへんねんて、“さんましゃちょー”とか言ってる場合ちゃうやないか』と、ユーチューバーを題材に笑いを取っていたのには驚きましたね」(芸能ライター)

 さらには外出中にファンに見つかるようになったと明かすトミーのことを「スゴいよ、変装しないと歩けないクラスになるって」と素直に賞賛。水溜りボンドを他の出演者と等しく扱っていたのである。そんなさんまの変心にはどんなワケがあるのだろうか?

「水溜りボンドは青山学院大学のお笑いサークルで結成されたコンビで、後輩には吉本所属の芸人もいます。彼らがユーチューブを始めたのは2014年10月ですが、その2カ月前には『キングオブコント2014』の予選1回戦に合格していた実績もあり、いわばお笑い出身と言える存在。さんまは番組冒頭で『大学生からやってんねやろ?』と問いかけるなど二人の経歴を事前に頭に入れていたようですし、彼らのことをお笑い出身者として“可愛い後輩”くらいに思っていたのかもしれません」(前出・芸能ライター)

 どうやらさんまに気に入られた様子の水溜りボンド。彼らが所属する事務所のUUUMが4月に吉本興業と業務提携を結んでいたことも、今回の出演にはプラスに働いていたのかもしれない。(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
とにかく中日戦はお手上げ…各球団が押し付け合う「不人気カード」の悲痛ホンネ
2
因縁の「ミュージックステーション」で…「平野紫耀CM待ち」放送前後の天国と地獄
3
とんねるず・石橋貴明が大谷翔平のドジャース・キャンプを訪問したらスター選手が興奮熱狂!その理由は…
4
「太川陽介が芸人に怒り爆発」「河合郁人に予想外の波乱」冬の東北で展開される大バトルの勝敗
5
【知られざる生物】360万年前に深海で絶滅した巨大ザメ「メガロドン」の歯化石発見!その水中映像は…