芸能

川口春奈、小顔ドアップ「食べる音聴かせまくり」美味選び姿に「至福!」の声

 今やYouTubeではお馴染みとなった咀嚼音や囁き声から脳が快感を覚えるというASMR動画。これに現役大河女優の川口春奈がチャレンジするという超レアな動画が投稿された。

 7月17日現在105万人のチャンネル登録者数を誇る川口のYouTubeチャンネル〈川口春奈オフィシャルはーちゃんねる〉、7月5日投稿の〈【レア回】ASMRで47都道府県の限定お菓子を食べ尽くす!【咀嚼音】〉がそれだ。

 この回は、川口が長年CMに出演しているカルビーから届いた期間限定・47都道府県のスナック菓子をASMR動画にてすべて実食紹介。カメラ前のマイクに川口はこれでもかと顔を寄せアヒル口を披露、カリコリと小気味よい咀嚼音、囁き声の連続に、〈今まで見たASMRの中で1番耳が愉快〉〈ついにASMRを女優さんが!川口春奈さんの咀嚼音と囁き声が聴けるなんて!!至福以外にないッ!!〉と視聴者も絶賛の様子。しかしこの番組はこれだけで終わらない。どの味がお気に入りかを川口が紹介したのだ。結果は、北海道・東北ブロック優勝は〈青森県の青森にんにく味〉。関東ブロック優勝は〈群馬県の焼きまんじゅう味〉。中部ブロック優勝は〈長野県の野沢菜漬け味〉。近畿ブロック優勝は〈京都府のちりめん山椒味〉。四国・中国ブロック優勝は〈広島県の汁なし担々麺味〉。九州・沖縄ブロックは優勝は〈宮崎県のチキン南蛮味〉。これに川口の出身地である〈長崎県の佐世保レモンステーキ味〉をシードとした中から、晴れある総合優勝は〈京都府のちりめん山椒味〉に輝いたのだった。

〈青森選んでくれて嬉しく思いますね〉〈長崎県のシードは、地元愛を感じた。そして公平な審査も良かった。どれも美味しそう〉〈青森選んでくれて嬉しく思いますね〉〈奈良県民だが柿の葉寿司で負けを悟ったわ〉とのコメントが寄せられ、各都道府県の視聴者も関心が高かったようだ。

 今回、テレビ番組で放送されてもおかしくない優れた好企画だった。これに川口の可愛いらしい小顔ドアップとASMRが加わるというYouTubeならではの〈神回〉に、続編の期待もさる事ながら、類似投稿が増える予感もうかがえた…。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天・田中将大に「不可解な動き」次回登板のメドなしで「無期限2軍」の不穏
2
水原一平が訴追されて大谷翔平の「次なる問題」は真美子夫人の「語学力アップ」
3
「すごく迷惑ですね」沖縄せんべろ居酒屋店員が嘆く「招かれざる客」のやりたい放題【2024年3月BEST】
4
【ボクシング】井上尚弥「3階級4団体統一は可能なのか」に畑山隆則の見解は「ヤバイんじゃないか」【2024年3月BEST】
5
「失策王&打率2割以下」阪神・佐藤輝明に持ち上がる「外野へ再コンバート」の劇薬