芸能

上沼恵美子「快傑えみちゃんねる」降板劇の“ホンネの部分”

 7月24日の放送をもって、突然25年の幕を閉じた上沼恵美子の冠番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)。同局の幹部からは、10月改編での卒業を打診されたが、上沼は「信頼関係もない状態でどうやって収録するんですか」と切り返し「逆ギレ」降板とも報道されていた。

 その渦中の上沼が先ごろ、「週刊文春」の取材に応じている。

「文春オンライン」記事によると、降板理由について上沼は、新型コロナウイルスの影響で「ソーシャルディスタンスで、すごいやりにくかった。観客はいない、ゲストは減る」など、悪条件が重なって「このへんでお終いにしましょうか?」と自ら提案したという。また、カジサックことキングコングの梶原雄太との軋轢については否定。取材日の前日に梶原からメールをもらったと明かし、良好な関係であることを強調した。

「今回の降板劇は、売り言葉に買い言葉の結果でしょう。上沼としては、関テレからもっと慰留されると思っていたのにあっさりと受け入れられたので、内心は驚いたと思います。また、今回のことが関西他局の自身のレギュラー番組に影響することを警戒して、火消しに走っているのでは。東京に比べて安いと言われる関西でも、上沼のギャラは1本100万円以上とも言われています。経費節減は、どの局も同じですからね」(芸能ジャーナリスト)

「関西の女帝」の地位に、今回の降板劇はどう影響するのか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
テレビ朝日・安藤萌々アナがヤクルトキャンプで大顰蹙!村上宗隆以外はガン無視で会釈もせず…
2
徳川家康ブチ切れ!通行人にノコギリで首を挽かせた「極刑中の極刑」絶叫シーン
3
「富士山噴火」が危ない伊豆諸島「ベヨネース列岩」の不気味な海面変色
4
挨拶したのに…上沼恵美子がガン無視激怒した宮迫博之の「顔面イジリ」
5
YOSHIKI新バンド米国公演の前座は「世界的ガールズバンド」に「逆だろ!」ブーイング