芸能

天才テリー伊藤対談「KOZUE(サイバージャパンダンサーズ)」(4)自分に入り込めるのは才能ある証拠

テリー まぁ、じゃあ彼氏はもう少し我慢して。今後の仕事はどう考えてるの?

KOZUE 私、いろいろとやりたいことがあって。まずCJDとしては武道館でライブをやりたいです。

テリー あ、そういえば、この前出たライブDVD見させてもらったよ。

KOZUE わぁ。あれ、2019年9月に豊洲PitでやったCJD初のワンマンライブなんです。

テリー 今、メンバーは20人ぐらいでしょう。しかも、みんなかわいくてスタイルがよくて、ダンスも上手でさ。それが全員ビキニで歌ったり踊ったりしてるのは、それだけで立派なエンターテインメントだよね。

KOZUE 2カ月前から、深夜まで練習して、みんなで頑張ったので、そう言っていただけると本当にうれしいです。

テリー あれはご家族も呼んだのかな。

KOZUE はい、お母さんが来てくれて、「あんた以外、みんなかわいかった」って言ってました。お母さん、厳しいんです。

テリー アハハ。それは、ますます武道館を実現させて、見返してやらないとな。

KOZUE はい。あと個人的な目標としては、自分でプロデュースしている舞台をどんどん大きくしていきたいと思ってます。

テリー どんな舞台なの?

KOZUE 次は10月を予定してるんですけど、全部で80分の舞台で、8人が出演します。みんなが着物を着て、前半はダンスナンバーで、後半はストーリーに合わせて踊ります。

テリー へぇ、着物が好きなんだね。それ、出てるのは全員女性?

KOZUE いえ、殺陣もやりたいので、男性も出ます。表参道の「WALL&WALL」という会場でやります。

テリー あ、もうそこまで具体的に決まってるんだ。

KOZUE はい。でも、コロナの影響でお客さんを半分にしなきゃいけなくて。

テリー あぁ、そうか!でも会場費は一緒でしょ。

KOZUE そうなんです。なので、今はグッズの製作を頑張っています。

テリー いろいろ大変だなぁ。それで演出もやるの?

KOZUE はい。物語も振付も構成も、全部自分で考えます。

テリー すごいね。

KOZUE いえいえ、私、たぶん、中二病なんですよ。妄想が大好きで。

テリー そういうの「中二病」って言うのか。

KOZUE はい。この前も普通に道を歩いてたら、警察の方に職務質問されて。勇ましい感じの曲を聴きながら、「私は強い、私は強い」って思ってたら、アドレナリンが出すぎて目がイッちゃってたみたいで、クスリか何かやってると思われたらしいです(苦笑)。

テリー 自分の中に入り込んじゃったんだ。

KOZUE そうなんです。

テリー KOZUEさん、CJDの中で変わってるって言われるでしょう。

KOZUE 変わり者だって言われてます。

テリー やっぱりなぁ。今日話して、それがいちばんわかったよ。でもそれって、この世界に向いてる証拠だからさ。

KOZUE わぁ、ほんとですか。うれしい!

テリー うん。だから、くれぐれも車にひかれないようにね。

KOZUE はい、ありがとうございます。気をつけます。

◆テリーからひと言

 なんか才能を感じる、ほんとにおもしろい子だったな。役者もできるだろうし、小説を書いてもいいかもね。ぜひ官能小説を読んでみたいな。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    動画もオンラインゲームもラグ知らず! OCN 光はなぜ夜のエンタメシーンでもおすすめなのか

    Sponsored
    251202

    PCの画面を見ながら、F氏は愕然とした。デビュー以来推していた某女性グループの1人が卒業するから….ではない。涙を堪えながら、その最後のお別れとなる卒業ライブ配信を視聴していたところ、最後の挨拶を前に、動画サイトの画面がカクつき…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    中年リスナーがこぞって閲覧!“あざとかわいい”人気美女ライバーが、リスナーとの関係や仲良くなれるコツを指南

    Sponsored
    264969

    ここ数年来、ネット上の新たなエンタメとして注目されている「ライブ配信」だが、昨今は「ふわっち」の人気が爆上がり中だ。その人気の秘密は、事務所に所属しているアイドルでもなく、キャバ嬢のような“プロ”でもなく、一般の美女配信者と気軽に会話できて…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    配信者との恋愛はアリ? 既婚者が楽しむのはナシ? 美女ライバーと覆面リスナーが語る「ふわっち」セキララトーク

    Sponsored
    266588

    ヒマな時間に誰もが楽しめるエンタメとして知られるライブ配信アプリ。中でも「可愛い素人ライバー」と裏表のない会話ができ、30代~40代の支持を集めているのが「ふわっち」だ。今回「アサ芸プラス」では、配信者とリスナーがどのようにコミュニケーショ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
巨人・元木大介コーチがルーキー浅野翔吾の守備練習を「球拾いです、あれは」完全ダメ出し
2
Amazon日本初の「プライム感謝祭」を期待薄にさせる「見せかけ値引き」の見分け方
3
「阪神は打てないです」関本賢太郎が断言したオリックス・山本由伸を潰す唯一の「攻略法」
4
「坂本勇人の次に…」小林誠司が放出されない理由が透けて見える巨人OB・岡崎郁の証言
5
「実は多彩な変化球アリ」DeNA山崎康晃が「抑え完全失格」2軍暮らしで「来季は先発転向で復活」仰天プラン