芸能

南沙織、森昌子、河合奈保子…戦後75年を飾った歌姫は今どうしている?

 日本で「アイドル第1号」となったのは、沖縄返還を前にした1971年にデビューした南沙織である。発掘した音楽プロデューサー・酒井政利氏が言う。

「ライバルの小柳ルミ子が『陸』で天地真理が『空』なら、南に『海』のイメージを持たせることでそれぞれの差別化を図りました」

 来年はデビュー50周年にあたるが、酒井氏によれば「本人に復帰の意思はまったくありません」とのことである。

 翌72年に、伝説のスカウト番組「スター誕生!」(日本テレビ系)の初代グランドチャンピオンとしてデビューしたのが森昌子だ。まだ中学生だったことから、桜田淳子や山口百恵が歌手を目指すきっかけになった。昨年12月25日、地元・宇都宮での公演を最後に引退したはずだったが─、

「今年2月から3月にかけ、昌子自身が『残業』と呼ぶコンサートが残っていたんです。引退発表以前から決まっていた『JAさいたま』主催の全16公演で、撤回はかなわなかった。結果的にコロナ禍で後半は中止に追い込まれたが、何とも商魂たくましい『引退ビジネス』ですね」(音楽記者)

 18年には親しい竹内まりやのデビュー40周年に、ラジオで21年ぶりとなる肉声のコメントを寄せたのは河合奈保子だ。今年は自身が40周年を迎えるが、表舞台に返り咲く気配はなさそうである。

 変わったところでは、誕生35周年となる「おニャン子クラブ」の初代リーダーだった福永恵規だ。現在はなんと、小泉今日子が設立した個人事務所「オフィス日新」の取締役となり、公報を中心に辣腕を振るっているという。

 8月4日発売の「週刊アサヒ芸能」8月13日・20日合併号では、他にも戦後史を飾った女性芸能人の消息をたっぷりと特集している。戦後の流れが一目でわかるだろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?