芸能

篠原涼子“5カ月別居”報道でも「離婚は絶対ない」確信声があふれたワケ

「女性自身」が先ごろ、女優・篠原涼子と夫で俳優の市村正親との5カ月の別居状態を伝えている。

 記事によれば、ここ1カ月ほど2人の子育てをする市村の姿が見かけられる一方、自宅から10分ほど離れた高級賃貸マンションから仕事場に向かう篠原がたびたび目撃されていたとのことで、篠原の事務所も別居の事実について認めている。

「ただし原因は不仲ではなくコロナの影響で、篠原がドラマの撮影で大勢に接することから、家族に感染させないための一時的な処置だといい、ドラマ撮影終了後の8月中旬には別居を解消して自宅に戻るのだといいます。ドラマというのは、篠原が主演を務め8月5日に最終回を迎える『ハケンの品格』(日本テレビ系)のこと。おたがいの健康や子供を気遣うからこその、おしどり夫婦らしいエピソードですが、世間ではコロナ離婚を前提としたコロナ別居も流行っているため、この報道にネット上はかなりザワついたようです」(芸能ライター)

 しかしその声は、〈あの夫婦は絶対に離婚などしないだろう〉といった内容のものが大半だ。

「2人は2005年に結婚していますが、交際開始当時は市村が妻帯者であり、不貞からの略奪婚だったとされています。また、結婚後の14年には市村が胃がんを患い、初期の発見で済んだのが篠原の熱心な健康診断の勧めだったことや、退院後のサポートも話題となりました。24歳の年の差も含め、そんな山あり谷ありを乗り越えてきた夫婦に対し、世間も亀裂など走ってほしくないという願望があるのでしょう」(前出・芸能ライター)

 夫婦しての好感度の高さがうかがえる反応である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
3
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ