芸能

「半沢直樹」高視聴率でも夢中なのは“中高年だけ”の「冷めた実態」!

 堺雅人が主演を務めるTBS日曜劇場「半沢直樹」の第4話が9日に15分拡大で放送され、平均世帯視聴率22.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。初回22.0%、第2話22.1%、第3話23.2%に続く4週連続の22%超えに、局の上層部もホクホク顔だという。

「初回から4話連続20%超えは、14年10月期にテレビ朝日系で放送された『ドクターX~外科医・大門未知子~』以来、約6年ぶりの快挙となりました。関西地区ではさらに4ポイントほど高めですね。7年ぶりの続編ということや、新型コロナウイルスの影響で3カ月遅れで放送が始まったことで、ファンの期待がより高まったのもいい結果に結びついているようです」(エンタメ誌記者)

 まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの絶好調ぶりだが、一方で、高視聴率に貢献している視聴者のほとんどが中高年層で、若者世代のほとんどが見向きもしていないという情報もある。いったいなぜなのか。

「実は10~20代の若者のほとんどが半沢直樹にはまったく興味を示していないんですよ。そもそも、ドラマとはいえ、登場人物がなぜそこまで仕事に躍起になっているのか理解できないようですね。また、あまりにもリアリティに欠けるシーンが続出することで、逆にドン引きする人も多いようです」(前出・エンタメ記者)

 ネット上でも「パワハラや情報漏えいがまかり通る世界観に笑った。これ誰が観てるの?」「上司が『文句あんのかこの野郎』とか言ってて吹いた。完全にパワハラ案件だろ」「他社に出向してる人に自社の重要情報を漏らしちゃダメでしょ。完全にクビですわ」「いくらなんでも極秘資料を流出させるのはありえない。話題だったから流し見してたけど、もうお腹いっぱいです」など、酷評が飛び交っている。

 最近は、新型コロナウイルスの感染防止のために、三密を避けるのは当たり前とされているが、キス寸前のレベルで顔が接近するシーンにも呆れる声が上がっている。「半沢直樹」の反応は、リアルな職場での温度差も表しているのかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題