芸能

上沼恵美子を蹴落とす「“関西”新女帝」の震撼現場(1)結成37年目の最強コンビ

「もう辞めたるわ!」。関西ローカルのモンスター番組「快傑えみちゃんねる」が25年で突如として終了。西の女帝・上沼恵美子のブチ切れ降板を皮切りに、関西テレビ界は風雲急を告げる戦国時代へと突入した。我こそは「新女帝」と名乗りを上げた面々とは──。

「もう引退されたほうがいいんちゃいます」

 6月に多目的トイレ不倫騒動を起こした渡部建を一刀両断に断罪した上沼恵美子(65)だったが、そのわずか1カ月後にはみずからが司会を務める「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)をブチ切れ降板。今や崖っ縁の窮地に追いやられているという。

 スポーツ紙芸能デスクが真相を解説する。

「降板の原因はさまざま言われていますが、番組にレギュラー出演するキングコング・梶原雄太(40)と、番組の構成作家を担当する上沼の次男との遺恨が発火点です。最近はカジサックとしてYouTubeで人気が再燃している梶原ですが、上沼さんは人気低迷期から番組に起用するなど、猫かわいがりしてきた。ところがそんな梶原を敵視する次男の報告を受け、番組で『イラついとんねん!』と面罵。あげくの果てにはラジオ番組で『梶原君は東京から行ったり来たりがしんどいということで』と、降板を言い渡したんです」

 その後、局が仲裁に入り、忌憚のない意見交換が行われたものの、スタッフからは上沼女帝からの積年のパワハラが報告されたという。

「番組スタッフは常に上沼さんのご機嫌を損なわないようにするのが基本。常々『ゲストのつまらん話より、私の話のほうがおもろいでしょ』と公言する上沼さんは、気に入らない相手を徹底攻撃して爆笑を引き出すスタイル。編集を加えようとしても『私の言うこと間違えてる?』と畳みかけるので、番組は自然に上沼独演ショーになる。そのことに反感を覚えるスタッフは多かったようです」(芸能デスク)

 こうした報告を看過できない上沼が、「そんなに言われるんやったら、こっちから辞めたるわ」と逆ギレし、降板に至ったというのだ。

 関西芸能プロ関係者が打ち明ける。

「放送25周年、計1000回を超える長寿番組が改編期でもない時期にいきなり放送終了。まさに異例中の異例の事態です。しかも、再放送も総集編もなしでブチ切り終了したのは、それだけ上沼さんがカンカンになっていたということにほかならない。夫とは別居状態、4月の緊急事態宣言下では、番組を急遽お休みするなど、健康不安説も今回の騒動の遠因になったようです。ともかくゴールデン枠の番組から上沼さんの名前が消えたことで、西の女帝の支配力は今後、一足飛びに急低下していくことになる」

 西の女帝がジリ貧となれば、好機とばかり手ぐすね引いて待ちわびている芸人は数知れず。「ポスト上沼」の筆頭と言われるのが、現在、関西で6番組を持つハイヒール・リンゴ(59)・モモコ(56)の2人だ。

 在阪バラエティー番組プロデューサーが語る。

「報道から芸能スキャンダルまでのネタを回す器量があり、自分の意見もズバッと言えるリンゴは、まさに関西おばちゃんのオピニオンリーダー。これに対し、主婦感覚のモモコはおばちゃんのインフルエンサーです。ダウンタウンと同期で仲よしということもあり、若手芸人から一目置かれるアンタッチャブルな存在なのです」

 結成37年目のベテランコンビが、関西を牛耳らんとしているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…