芸能

上沼恵美子を蹴落とす「“関西”新女帝」の震撼現場(1)結成37年目の最強コンビ

「もう辞めたるわ!」。関西ローカルのモンスター番組「快傑えみちゃんねる」が25年で突如として終了。西の女帝・上沼恵美子のブチ切れ降板を皮切りに、関西テレビ界は風雲急を告げる戦国時代へと突入した。我こそは「新女帝」と名乗りを上げた面々とは──。

「もう引退されたほうがいいんちゃいます」

 6月に多目的トイレ不倫騒動を起こした渡部建を一刀両断に断罪した上沼恵美子(65)だったが、そのわずか1カ月後にはみずからが司会を務める「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)をブチ切れ降板。今や崖っ縁の窮地に追いやられているという。

 スポーツ紙芸能デスクが真相を解説する。

「降板の原因はさまざま言われていますが、番組にレギュラー出演するキングコング・梶原雄太(40)と、番組の構成作家を担当する上沼の次男との遺恨が発火点です。最近はカジサックとしてYouTubeで人気が再燃している梶原ですが、上沼さんは人気低迷期から番組に起用するなど、猫かわいがりしてきた。ところがそんな梶原を敵視する次男の報告を受け、番組で『イラついとんねん!』と面罵。あげくの果てにはラジオ番組で『梶原君は東京から行ったり来たりがしんどいということで』と、降板を言い渡したんです」

 その後、局が仲裁に入り、忌憚のない意見交換が行われたものの、スタッフからは上沼女帝からの積年のパワハラが報告されたという。

「番組スタッフは常に上沼さんのご機嫌を損なわないようにするのが基本。常々『ゲストのつまらん話より、私の話のほうがおもろいでしょ』と公言する上沼さんは、気に入らない相手を徹底攻撃して爆笑を引き出すスタイル。編集を加えようとしても『私の言うこと間違えてる?』と畳みかけるので、番組は自然に上沼独演ショーになる。そのことに反感を覚えるスタッフは多かったようです」(芸能デスク)

 こうした報告を看過できない上沼が、「そんなに言われるんやったら、こっちから辞めたるわ」と逆ギレし、降板に至ったというのだ。

 関西芸能プロ関係者が打ち明ける。

「放送25周年、計1000回を超える長寿番組が改編期でもない時期にいきなり放送終了。まさに異例中の異例の事態です。しかも、再放送も総集編もなしでブチ切り終了したのは、それだけ上沼さんがカンカンになっていたということにほかならない。夫とは別居状態、4月の緊急事態宣言下では、番組を急遽お休みするなど、健康不安説も今回の騒動の遠因になったようです。ともかくゴールデン枠の番組から上沼さんの名前が消えたことで、西の女帝の支配力は今後、一足飛びに急低下していくことになる」

 西の女帝がジリ貧となれば、好機とばかり手ぐすね引いて待ちわびている芸人は数知れず。「ポスト上沼」の筆頭と言われるのが、現在、関西で6番組を持つハイヒール・リンゴ(59)・モモコ(56)の2人だ。

 在阪バラエティー番組プロデューサーが語る。

「報道から芸能スキャンダルまでのネタを回す器量があり、自分の意見もズバッと言えるリンゴは、まさに関西おばちゃんのオピニオンリーダー。これに対し、主婦感覚のモモコはおばちゃんのインフルエンサーです。ダウンタウンと同期で仲よしということもあり、若手芸人から一目置かれるアンタッチャブルな存在なのです」

 結成37年目のベテランコンビが、関西を牛耳らんとしているのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
艶ビデオ出演芸能人の「感度」!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(4)
2
渡部建、「ガキ使」放送前に「『ワイドナショー』で謝罪」の“衝撃予測”急浮上!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
吉高由里子「褐色突起」が硬化!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(2)
5
二階堂ふみが「20秒愛撫」で魅せた!/美女「バストトップ出し情交」場面大全(1)