芸能

藤田ニコル、少女時代の“密林”ぶりも告白した「ツルツル」までの軌跡

 8月22日、モデルでタレントの藤田ニコルがメインパーソナリティーを務めるラジオ番組「藤田ニコルのあしたはにちようび」(TBSラジオ)で自身の小学生時代の産毛事情を「超ジャングルでした。なんか毛が」と、唐突に告白した。

「苦手な算数の授業で指された問題に答えられず、5分間無言のままクラス中から辱めの注目を浴びたことや、授業中に交換日記を交わしているのがバレて、先生に机を蹴られた小学生時代の苦い思い出を振り返る流れから、そのエピソードを突然ぶっこんできたんです。あまりにも不意を衝かれたのか、『どういうこと?』と、アシスタントのタイムマシーン3号の二人は慌てふためいた様子でしたが、ここから、切々と彼女の産毛トークが始まりました」(芸能ライター)

 ロシアとポーランドのハーフの父を持つ藤田は「触ったら波打つくらいの産毛、超産毛ですよ」「みんなによく毛をさわられていた」と、剛毛だったことを明かすと、タイムマシーン3号・山本浩司の「金髪っぽい毛だったの?」質問に対して「全然真っ黒、ヤバイよ、ゴリラ(笑)」とノリノリで返答。なんと、小学校5年生ごろまでは眉毛がつながる程度にムダ毛のお手入れに無頓着だったそう。

 モデル活動をきっかけに毛のお手入れに着手するようになり、剃毛後は3トーンほど肌が明るくなったという。明け透けに自身の“ジャングル”っぷりを発言していたが、にこるんのムダ毛処理には痛々しいエピソードもあるようだ。

「16年に『全身脱毛革命サロン・脱毛ラボ』のイメージキャラクターに就任した会見で、背中のムダ毛処理に失敗して血を流してしまったことを明かしていました。当時は脱毛サロンに通うことなく、全身をカミソリでお手入れしていたそう。ラジオ番組の過去の放送回で“下の毛”を含む全身のムダ毛の脱毛完了を報告していただけに、広告塔になってからは定期的に脱毛サロンに通ってお手入れしたのかもしれませんね」(前出・芸能ライター)

 芋くさいと言っても過言ではない少女からギャルのカリスマへ変貌を遂げた、にこるん。ムダ毛処理に悩むティーン年代のファンたちは、彼女の話で勇気づけられたに違いない?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ