芸能

「前作から7年」のワケは?「半沢直樹の謎」を最終章突入直前に一挙解明する!

 日曜9時の“倍返し男”がお茶の間を熱狂させている。裏金、裏切り、裏工作…、ドス黒い金融界の闇を堺雅人、香川照之、片岡愛之助、北大路欣也など名役者たちが顔芸たっぷりで盛り立てる。クライマックス間近となったドラマの「裏ネタ」を、一挙出し!

 前作最終回では平成ドラマ1位のドラマ視聴率の金字塔を打ち立てた「半沢直樹」(TBS系)。TBS関係者は笑いが止まらない様子だ。

「このドラマ低視聴率時代に見逃し配信を行わないという殿様商売ですが、それでも視聴者はお茶の間にクギづけ、おかげで視聴率は毎回うなぎのぼりです。最終回は令和最高のドラマ視聴率を獲るのは確実ですよ」

 もちろんTBSにとっては、ドル箱ヒット作に違いないが、続編再開までには実に7年を要した。その原因の1つは主演の堺雅人(46)にあったという。

「堺さんはその役になりきる憑依系の役者なんです。ドラマ収録前には関連資料を読み込んだり、実際に自分で取材を重ねてその役の世界観にどっぷり浸り込むなど努力を重ねているのです。もちろん『半沢──』の出演者は大御所ばかりの役者だけにスケジュールをそろえるのが大変なのですが、堺さんが直後にNHK大河『真田丸』(16年)の主演が決まっていたこともあり、これだけ大幅に遅れてしまった」(前出・局関係者)

 このほか、香川照之がアドリブしまくりの理由、消えた半沢俳優、白スーツ大臣のモデルの秘密などドラマを深掘りするトリビアネタは、9月8日発売の「週刊アサヒ芸能 9月17日号」でドーンと10本ほじくり返す。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
爆弾投下で朝ドラ降板も!浜辺美波を襲う「男スキャンダル」大暴露予告の心身異変
2
水着写真で判明!藤田ニコル「おマタの膨らみ」に向けられた「アノ疑惑」に出た結論
3
本田望結が“オトナ”を意識し始めた?海辺の強調ボディ「ビックリ成長具合」
4
松岡茉優がM字開脚でDカップを揉みしだく!問題作の「過激プレイ」で噴出した「フルオープン」熱望論
5
稲村亜美、ゴルフ対決で本気を出した豪快“黒パン”見せと“みっちり”縦スジ