芸能

「ラストマン」も「VIVANT」も…ジャニーズがドラマ出禁で「続編ストップ」の災難

「朝日新聞デジタル」がサントリーホールディングス・新浪剛史社長のインタビューを掲載し、ジャニーズタレントが出演するテレビ番組からのスポンサー撤退を示唆した。

 サントリーは先日、ジャニーズ事務所創業者・ジャニー喜多川氏による性加害問題を受けて、同事務所のタレントと新たな契約を結ばない方針を明らかにした。さらに今回、朝日新聞の取材で新浪社長は「今後2~3カ月の間にジャニーズ事務所の体制に改善が見られなければ、所属タレントが出演するテレビ番組のスポンサーを降りることもオプション(選択肢)としてはあり得る」と発言。「テレビ局がどうして起用を続けているのか理解に苦しむ」と辛辣に苦言を呈している。

 ジャニーズの性加害問題に関しては9月15日に、バラエティー番組「A-Studio+」(TBS系)にゲスト出演を予定していたSexy Zone・中島健人の収録が延期されたことが明らかに。ジャニーズタレントの広告起用の見送りを表明したメインスポンサー「花王」の意向が影響した可能性があるという。

 そんな中、今年放送された人気ドラマの続編にも災難が降りかかろうとしている。

「TBSは今年、看板ドラマ枠『日曜劇場』で放送された福山雅治主演『ラストマン-全盲の捜査官-』や堺雅人主演の『VIVANT』が大ヒット。早くも続編が制作されると様々なメディアで報じられ、ドラマファンは大きな期待を抱いています。しかし『日曜劇場』は花王、サントリー、日本生命など、ジャニタレの広告起用を終了した大企業がスポンサーになっている。『ラストマン』にはKing&Prince・永瀬廉、『VIVANT』には嵐・二宮和也が出演しています。そのため、企業側に配慮して続編にストップがかかる可能性も浮上。ドラマファンの間では『今の流れだとジャニーズ出演ドラマのシーズン2は厳しそう』『代役を使うか、ジャニーズを退所してほしい』という本音が出ています」(テレビ誌記者)

 サントリーがジャニタレ出演番組のスポンサー降板を示唆したことで、ドラマのキャスティングにも大きな影響が出そうなのである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
「こんなこと初めて」ロッテ・佐々木朗希の実戦登板に飛び交った「観客の不満とブーイング」
4
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
5
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談